高校受験

『内申どろぼうの鼻を折れ』

T・Iさん
Iさん
一宮校
一宮興道高校 合格

内申点が取れない! と悩んでいる人もいるかもしれません。
自分もそうです。最後の最後まで内申が足りませんでした。
ですが、第一志望校に合格することができました。 僕の友人で、内申は40以上あったのに当日点が取れず、第二志望校合格になった人がいます。
内申30の僕が、内申40以上の彼を逆転した瞬間です!
 このように、内申点が足りなくても、受験には勝つことができます。
最後に、後輩のみんなに、来春満開の桜が咲くことを心から祈っています。がんばれ!

『負けず嫌いほど伸びる!』

K・Kさん
Kさん
御器所1号館
旭丘高校 合格

三年生になるまで、ひとりで勉強するのが苦痛ではなかったので、通塾するなんて考えていませんでした。
しかし、受験という現実がさし迫った時、どうしても心配になり、とうとう二月、明倫ゼミナールに入ることを決意しました。
SHの授業のスピードは速く、内容も深かったので、最初のうちは慣れるのが大変でした。
特に私が苦手としていたのは数学で、授業の時の丸付けは私にとって恐怖でした。 隣の人が○をつけるシャッという音が大嫌いで、夢にまで出てきたぐらいです。
でも、これが私の闘争心を燃やすきっかけになりました。その後成績はみるみる伸びて、数学の偏差値がなんと「59」から「75」に! 
これから受験を迎えるみなさんへ。塾はあなたが学ぶ所であり、精神力を鍛える所でもあります。 何よりも、「絶対合格する」という強い信念が必要です。
負けず嫌いの人ほど伸びます!  最後まで諦めずに頑張ってください!

『明倫とともに過ごした三年間』

T・Iさん
Tさん
徳重校
昭和高校 合格

自分は中学校生活で、やりたいことをたくさんやって過ごせた。
部活動やクラス活動、勉強でさえ取り組むことができた。
本当に不自由なく、自分でも満足した学校生活を送ることができたのは、“明倫”の存在があったからだと思う。 勉強がおろそかになれば、当然部活動や学校生活を満足に過ごすことはできない。
勉強と学校生活の両立は難しい。そこで気づいたのは、“明倫”という存在の大きさだ。 明倫の先生方はいつも明るい。どんな時でも自分たち生徒のことを第一に考えていてくれる。
そんな優しさにいつも助けられた。
今のこの達成感と満足感でいっぱいの気持ちには、明倫と過ごした3年間が大きく関わっていると思う。

『T先生に頭があがらない』

Nさん
茶屋が坂校
名東高校 合格

私は小4の冬から明倫生として、茶屋が坂校に通い始めました。 だから、明倫で過ごした思い出がたくさんあります。その中でも、ずっと一緒に過ごしたT先生について書こうと思います。
先生と出会ったのも小4の冬です。第一印象は、「ニコニコしているいい先生」でした。
でも、明倫で過ごしているうちに、思いました。ニコニコしてはいるけれど、誰かが宿題を忘れると超怒るし、 模試でいい偏差値取らないと「何やったの?」って言ってくるから、いつのまにかT先生は私の中のボスでした。
でも、今になって、それらは全部、私たちのために言ってくれたんだなと気づかされる思いです。
T先生は、監視カメラで日常生活を見ているのかなって思うくらい、生徒ひとりひとりのことを生徒本人以上に理解している先生です。 だから、面談では、ひとりひとりに合った勉強法なども教えてくれます。
そのおかげで毎日計画的に勉強ができたし、行きたい高校にも合格できました。
私が明倫生でいられたのは、まぎれもなくT先生のおかげです。もちろん、T先生以外にもたくさんの先生にお世話になりました。 でも、単純な私の悩みにいつも寄り添って、合格に導いてくれたのはT先生です。
だから私はT先生に頭が上がりません。本当にありがとうございました!

『ライバル』

Nさん
神の倉校
桜台高校 合格

私が明倫でよかったと思う点はふたつあります。
ひとつめは、生涯つきあっていけるようなライバルができたことです。
理由はわからないけれど、明倫にいる人は優しくておもしろくて、そして行きたい高校のために努力できる人ばかりだと思います。 1学期に内申でつまずいた私が二学期に6上げられ、三学期もキープできたのは、明倫の友だちを追いかけてきたからだと思います。
ふたつめは、親身になってくれる先生がいるところです。
授業がわかりやすくおもしろいのはもちろんだけど、つらいときには相談に乗ってくれ、はげますだけでなくやる気にさせてくれるのです。
最後にアドバイス! 
二学期になると内申が上がりにくいっていわれるけれど、頑張れば上がります。 現に私も6上がりました。一学期ダメでもまだ諦めないでください。

『先輩のノート』

Nさん
日進校
岡崎高校 合格

明倫は、僕に多くのものを残してくれた。
僕は中学一年のときに入塾した。が、中二の夏頃までは定期テストのためのその場しのぎの勉強をしていたように感じる。 意識を変えたのは、当時日進校にいたO先生との面談だ。
先生は僕に先輩方のノートを見せてくれた。明倫でしつこいほど言われる線引き、簡潔にまとめられた解説、着眼点。
「もう少し、力強さがほしい」
O先生にそう言われた。的を射た指摘だった。
中3から、朝五時に起きて朝勉を始めた。最初は眠くて耐えられなかったが、一ヶ月もすると慣れた。 ついでに朝型にもなった(受験が終わって崩れたのは、黙っておく)。
また、夏季合宿や長期休暇の講習、正月特訓、SHは自分をそれまで以上に鍛え上げてくれた。
特にSHは、高校分野の使えるスキルを教えてもらえるので、お得な気分だ。 
明倫に入ってよかったと思う。明倫で経験したことは、きっと今後に活かされるだろう。
明倫生のみんな、志望校目指して頑張れ!

『文武両道』

Mさん
御器所1号館
向陽高校 合格

私は、この塾に入って良かったと思っています。
独力で勉強してもそれには限界がありますが、明倫では、他の塾では教えてくれないような受験テクニックを教えてくれるので、 テストの点も上がっていきました。
私は趣味でスポーツをやっていて、テスト週間でも毎日夜10時頃まで練習しなければならず、 勉強する上で圧倒的に不利でしたが、塾の先生は休んだ分の進度をその都度教えてくれるので、 塾の授業についていけなくなることはありませんでした。
このように、この塾の良いところは、このように生徒へのサポートが手厚いこと、個人個人の力を見極め、 それぞれの人に合ったアドバイスをくれることだと思います。
文武両道は難しいと思っているなら、それでも大丈夫です。
明倫で、他の人よりも多く勉強して、負けないように頑張ってください。

PAGE TOP