中学受験

『努力は人を裏切らない』

A・Uさん
Aさん
三郷校
南山中学校女子部
滝中学校
ほか合格

明倫ゼミナールで二年間勉強してきて、一番心に残っているのは、六年生の夏季合宿とその後の勉強です。
  合宿の夜のイベント、エンドレステストとカンニング大会は、正直に言うと、辛かったです。
でも、今、なぜ合格を手にしているのかといえば、それは合宿の時に手に入れた、辛いことに耐える「強さ」のおかげだと思っています。
秋になったら、過去問をとにかく解いて、自分の間違えたポイント、これがわかっていれば解けた! というものを書き出していけば、いつのまにか難しい問題も解けるようになるはずです。
冬休みは、これまでの復習をし、わからないところをなくしましょう。
入試直前は、特に体調管理に気をつけ、無理のない勉強を。「絶対に受かる」という暗示を自分にかけるもいいと思います。
私は、こうして頑張ってきたからこそ、南山中学校女子部に合格することができました。

最後に、これから受験に臨む皆さんに覚えておいてほしい言葉があります。
それは、「努力は人を裏切らない」という言葉です。
ずっと努力し続けたのなら、中学入試に限らず、その努力は絶対に報われます。
私は、周りの人の協力なしではここまで来ることはできませんでした。
私の実力を信じてくれていた母、私の勉強意欲を高めるためにたくさんのことをしてくれた父、 わからないところがあれば、すぐに答えてくれた兄。
そして、特にやる気を高めてくれたT先生、入試会場で手を握って緊張を和らげてくれたS先生、 その他にも授業をしていただいた明倫の先生方。本当にありがとうございました。

『諦めない』

S・Oさん
Aさん
御器所校
名古屋中学校
愛知中学校
ほか合格

ぼくは、夏休みに前の塾から明倫ゼミナールにかわりました。前の塾と比べ、少人数制のところがいいと思い、この塾に移ったのです。
受験生にとって一番大切だと言われている夏休みに塾をかわるというのは、大変なことでした。
特にこの時期、ぼくは苦手な国語や社会をさぼってしまい、得意な算数と理科ばかり勉強していたので、 秋から集中してやり直さなければなりませんでした。

ぼくが一番成績アップを実感したのは、正月合宿でした。 合宿では初心に帰り、4教科を平等に勉強することにして、先生の話を一言も聞き逃さないようにしっかり授業を受けました。 この正月合宿のおかげで志望校に合格できたのだとぼくは思っています。
ぼくは、受験を通して、「短い時間でも諦めないで毎日コツコツ努力したら、最後には成功する」ということを学びました。
応援してくれた家族や先生方、ありがとうございました。中学校に行っても、がんばります。

『家族受験』

Aさん
徳重校
滝中学校
愛知淑徳中学校
ほか合格

私は、家族の支えがなかったら、受験を乗り越えられなかったと思います。
受験勉強を始めた頃は、勉強が楽しかったのに、五年生の頃からできない問題が増えてきて、 勉強のことでイライラすることが多くなりました。
でも、そんなとき、お父さんは私の大好きなケーキを買ってきてくれたり、お姉ちゃんは私の話を聞いてくれたりしたので、 受験が終わるまで勉強をがんばろうと思い直すことができました。
お母さんは、第一志望校の過去問の算数を単元別に分け、解説まで書いたノートを作ってくれたり、 いつでも勉強できるようにお風呂用の問題を作ってくれたりと、まるでお母さんもいっしょに受験するかのように協力してくれました。
でも、一番うれしかったのは、第一志望校受験の時に、筆箱の中にメッセージカードを入れておいてくれたことです。 カードには、はげましの言葉や最後のアドバイスなど、たくさんのことが書かれていて、とても大きな支えになりました。

今までをふり返ってみると、受験は私だけでなく、家族みんなで受けたような気がします。 これから受験をする人たちにも、私と同じように、家族の支えを感じながら勉強してほしいと思います。

『山あり谷ありの約2年』

Kさん
桃花台校
南山中学校女子部
愛知淑徳中学校
ほか合格

「やったぁー!」
南山中学校の合格を知ったとき、私はそう言って跳びはねていた。ここまでくるのにたくさんのことがあった。
5年生の授業が始まる3月、私は入塾した。その頃から五年生の中頃まで、ずっと宿題をこなすのが大変だった。
でも、いつも授業は楽しかったし、週テストも良い点がとれるとうれしかったので、塾をやめようとは一度も思わなかった。 だから、塾に行ける日はいつでも行っていたし、日曜ゼミにも通っていた。そして、合宿にも行った。
合宿に行く前は、「ちゃんとついていけるかな。どんなことをするのかな。だいじょうぶかな」と不安な気持ちでいっぱいだったのだが、 合宿中はとても楽しかったし、勉強の仕方を教えてもらえてとても役に立った。
春、夏、冬のどの合宿も、「行ってよかった」と思うくらい貴重な体験となった。こう思えたのは、しっかり勉強できたからだろう。 六年生の夏休みは、苦手な算数を中心に合格目指してしっかり復習した。
でも、算数は苦手なままだったので、毎日二問、自力でじっくり解き方を考えるという勉強法を繰り返してみた。 すると、最後のアタックテストでは、今まででいちばんの成績を取ることができ、その調子で合宿、入試へと挑んでいった。

最後に、入試に向けてがんばっている皆さんへメッセージです。
これから、良いこともあれば苦しいこともあるだろうけど、あきらめずに最後まで努力すればきっと合格できるので、がんばってください!

『メモと平常心』

Kさん
瑞穂校
南山中学校女子部
滝中学校
ほか合格

中学入試に合格するために必要なことは、ふたつあります。
ひとつめは、先生の話の中で大切だと思うことをノートに書き留めることです。
私は最初、これをしなかったので、週テストやアタックテストの時に、 「この問題は先生の話に出てきたけれど、何だったか思い出せない」ということがしばしばありました。 ちゃんと聞いているつもりでも、やっぱり書かなければ頭から抜けていくので、『メモする習慣』は大事だと思います。
ふたつめは、入試の前は、あせらずリラックスすることです。
ただ、本当にリラックスするためには、六年の夏までに、志望校の合格には自信があると思えるぐらい、たくさん勉強をすることが大切です。 入試の時は、あせるといいことがありません。
あせると、いつもはわかるはずの問題がわからなくなったり、計算ミスをしたりします。
終わった後、「ああ、この問題はこうすれば解けるのに、なんで出てこなかったんだろう。 社会のこの問題は、知ってるはずなのに…」などと色んな後悔がどっとおしよせてきます。
その意味でも、『平常心』は大事です。このふたつのことが、私の考える合格するために必要なことです。
後は、「人事を尽くして天命を待つ」。終わったことをくよくよ考えないことです。

『ふり返れば…』

M・Mさん
Tさん
桃花台校
東海中学校
春日丘中学校(特奨A)合格

五年生の冬のことです。「中学受験」というものを知りました。
その頃の僕は、勉強の目的を失っていました。テストでいい点を取るためだと思っていたのです。
それが、明倫に入塾してからは、「東海合格」が目標になり、そのために勉強を続けていくことになりました。
当時の一日をふり返ると、朝五時に起床、七時に朝食、その間は、計算日記、漢字日記、国語の文章題など、 自分に必要な勉強をして、夜は九時から十時半までに就寝。 このような生活を、ほぼ毎日送っていました。ちなみに朝食は、毎日トーストとココアのみです。

春季合宿は、五年生の勉強をしていない僕にとっては、悪戦苦闘の連続でした。 夏期講習は受験勉強のまとめという感じでしたが、僕はこの一ヶ月で知識の定着をはかりました。
夏季合宿では、エンドレステストで理社の知識の完全定着を試み、十回目の社会で満点を取ることができました。 この頃が一番勉強した時期だと思います。
冬期講習では、入試問題に近い形の問題を解き、応用力を高めました。 正月合宿では、それまでの勉強の成果が出て、四日間とも魏クラスをキープすることができ、とても自信がつきました。

入試当日をふり返ると、緊張のドキドキ感より、楽しみたいというワクワク感のほうが強く、たぶん合格するだろうと思いました。

『一問一問を大切に』

Hさん
有松校
南山中学校女子部
滝中学校
ほか合格

「みなさん、こんちには」
あれ? 何か違うと思った方、正解です。「こんちには」ではなく、「こんにちは」です。
私はよくうっかりミスをしていました。見直しても見落とすことが多く、どうすれば直るのか、悩んでいました。
そんな時に母が見せてくれたのが、冒頭の文章でした。
「人間の脳は、自分の都合のよい方に勘違いすることがあるから、見直しをするなら、間違っている前提で見直しをしなさい」というわけです。
受験では一点が命取りです。たった一点で、合否が分かれることもあります。 だから、その「一点」に執着して、きちんと見直しをしなければならないのです。

私は軽い気持ちで中学受験を決めました。母には反対されましたが、「自分で決めたことを守る」という条件で、受験させてもらえることになりました。 母はアタックテストで良い結果を出しても褒めてくれませんでした。その代わり、結果が悪くても怒られることもありませんでした。
なぐさめてくれるわけでもなく、「くやしいと言っていいのは、努力した人だけ」と言われたこともありました。

第一志望の中学校に合格した時、初めて母に褒められました。褒めてもらえてうれしいというより先に、びっくりしました。
結果も大切だけど、その結果までの過程(努力)も大切なんだと、今は思います。 そして、もし結果が悪いだけで怒られていたら、一度下がった成績はもとには戻らなかったかも、と思います。
六年生になって成績が下がり、偏差値が10近く落ちた時に支えてくれたのは、「今までたくさん努力して力はついているから、 心配しなくて大丈夫」という母と明倫のK先生の言葉でした。

『激しすぎた二年。』

Hさん
徳重校
大阪教育大学附属天王寺中学校
西大和学園中学校
東海中学校
ほか合格

小五で明倫に入り、受験勉強を始めた時に目指していたのは、名大附だった。東海なんて自分には縁がないと思っていたし、西大和や清風南海、大阪教育大学 附属天王寺など、名前すら知らなかった。
そんな自分が思いきり方向転換したのは、六年の夏からだ。それからはもう、自分も母親も必死になった。 これまで名大附属の勉強をしていたのが、急に西大和レベルの勉強になったのだから。
そしてその頃、それまでイヤだからサボっていた計算問題が牙をむき始める。
計算日記で一問も間違っていない日がなくなり、全問間違いの日もあった。 このことが、ただでさえ恐ろしい勉強量でゾンビ化している自分をさらに窮地に陥れた。
そこに自分の「めんどくさい」という気持ちが加わり、勉強、特に算数がイヤになってきた。 それが原因で母親によく怒られた。心も体もズタズタになった。

時は流れ、いつのまにか清風の試験が終わり、自分は西大和の入試に臨んでいた。 国語や社会は過去問を解いた時よりちゃんと書け、「もしかしたら受かるかも」という気持ちがわいてきた。 しかし、最難関の本気はものすごかった。算数と理科で壊滅的大ダメージ。 泣きそうになった。(現に、理科の試験中に自分は本当に泣いた。声は出さなかったけど。)

やがて、結果発表。清風は「スーパー特進合格」。自信はあった。そして問題の西大和。 HPのボタンを押した自分の目に飛び込んできた熟語は、二文字だった。
その時流した涙は、あの理科の試験中に流した涙とは、明らかに違っていた。
最後になりましたが、サテライト入試で応援に来てくれたI先生、挫折しそうになった時に励ましてくれたS先生やT先生、 その他色んな先生方、本当にありがとうございました。

『受験も楽しく!』

Yさん
瑞穂校
東海中学校
滝中学校
ほか合格

受験が終わり、今とてもほっとしています。
今まで、つらかったり、悔しかったりした思い出もたくさんありますが、楽しかった思い出もたくさんあります。
ひとつは、明倫の先生の授業です。明倫の先生の授業はとてもおもしろく、わかりやすいので、授業の内容がよく頭に入ってきます。
もうひとつは、何より、小学校の部活や習い事と受験勉強を一緒に両立できたことです。 部活や習い事と受験勉強を両立できたのは、前に書いたように、塾の先生の教え方が上手く、すぐに覚えられたからだと思います。

受験勉強に専念するために部活や習い事をやめる必要はありませんが、合格するために守るべきことがあります。 それは、先生の話をよく聞き、勉強する時は勉強に集中してメリハリをつけ、勉強法なども先生の言った通りの方法で行うことです。
今、これを読んでいる受験生の皆さん、部活や習い事を楽しみながら受験生活を送りたいのであれば、 以上の約束を守り、あきらめたり気を抜いたりせず、全力を出し切って「合格」をつかみ取ってください!

PAGE TOP