保護者の体験記をご紹介

『無題』

S・Yさん
Aさんの保護者様

四年生の二月から他の集団塾に通っていましたが、一クラスに数十名いて、ひとりひとりに目が行き届いているのか、不安でした。
それでもなんとか通っていましたが、時々、「今日の授業、全然解らなかった」ということがあり、質問もするようですが、 他に何人もの生徒さんが聞きに来られるので、一問くらいしか聞けなかったようです。
六年生の夏期講習が始まる直前、この時期に塾を変えるのはどうかと散々迷ったのですが、 やはりひとりひとりに目が行き届き、仲間と一緒に戦える塾をと探しました。

そして、以前説明会で印象の良かったこの塾に通わせていただくことにしました。
学校の部活が塾の時間とかぶり、あまり部活に行けなくなりましたが、 親身になって子どものことを考えてくださる先生方のおかげで問題なく塾に通え、第一志望校にも合格することができました。
本当に感謝しております。

『子どもを信じて』

Y・Hさん
Aさんの保護者様

第一志望校の合格発表。「合格」の二文字を一瞬娘は信じられないといった感じで見返しながら、初めて嬉し涙を流していました。
明倫に入塾してから約二年。思い起こせばたった二年とは思えないほど、いろいろなことが詰まった長い道のりだったように思います。
一番苦しかったのは、六年の夏休み直後、過去問に取り組み始めた時でした。 夏休み中がんばってきたのに、思うように解けない過去問と模試に、だんだんペースが乱れていきました。
私も「何とかしないと」と思い、口を出してしまったのが間違いの始まりだったように思います。 反抗期もあってか、気の強い娘は何を言っても反発するばかり。 なんでもないひと言にもつっかかってくる娘につい感情的になってしまうこともありました。
そんな時、塾の面談で、「子どもは私たちが思っている以上に大物ですよ。信じて待ちましょう」。 I先生にそう言っていただき、私のほうが焦って子どもの姿が見えなくなっていたことに気づかされました。

その日から、少しでも娘の気持ちに寄り添えるように、私も勉強しようと過去問を解いてみたり、 苦手だという教科や単元の問題に取り組んでみたりしました。最後には親は見守ることしかできない。 その無力さを感じながら、何かせずにはいられなかったのだと思います。
結局スイッチが入ったのは、冬休みが終わってからではないかと思います。 常にマイペースでなかなかエンジンのかからない娘に内心ヒヤヒヤしていましたが、勉強に対する体力や集中力は、 日々の授業や合宿、講習で自然と身についていたようです。
受験の前日、最後の最後まで塾でお世話になり、先生方の支えのおかげで、娘は笑顔で最後の受験日を迎えることができました。 あらためてこの二年、娘と一緒に歩んで支えてくださった先生方の存在の大きさを実感するとともに、 明倫に通えたことに、先生方に出会えたことに、本当に幸せだったという思いでいっぱいです。
「大変だけど、塾の授業は楽しい」。
厳しい受験勉強に向かいながらも最後までそう言って通えたのは、本当に先生方のお力あってのことだと思います。 本当にありがとうございました。

『無題』

S・Yさん
Hさんの保護者様

成績が下がっても何も言わない代わりに、良い成績の時も特に褒めることもしませんでした。
「有言実行」。それが、受験をしたいと言い出した娘と交わした、たったひとつの約束です。
自分で決めた勉強時間や起床時間を守ること、無理なら最初から言わないこと、当然そんな約束は守られることのほうが少なく、 喧嘩して退塾届を用意したことも数回、それでもなんとか受験の日を迎えることができました。
とにかく時間の足りない毎日でした。 幼稚園から習っていた習い事をやめるのを嫌がり、毎日するように言われていた漢字も計算も、計画通りにはいかず、週末にまとめてする始末でした。
六年生になってからはあっという間で、秋になると、一年前には「こんな難しい問題が娘に解けるのか」と感じた過去問も、 あともう一歩のところまで解けるようになっていました。 心配していた正月合宿も、「全然辛くなかった」と平然と帰ってきて、夏休みのノートレースや、一年でも多くと頑張った過去問が、 無駄ではなかったと思いました。
「これでダメだったら、あと何回受けても受からない。たぶん大丈夫」。
第一志望の学校の試験が終わって家に帰ってきた娘のひと言です。自分なりに納得のいく受験だったのかと、娘の成長をとても嬉しく思いました。
寒い中、受験会場まで応援に来てくださった先生方、ありがとうございます。会場は逃げていた娘ですが、やはり緊張したようで、「実際に先生の顔を見たら、ちょっと安心した」と帰ってきてから感謝していました。
また、校舎や合宿でお世話になった先生方も、本当にありがとうございました。
毎日、「勉強が楽しい」と塾に通えたのは、先生方のおかげだと思っています。

『中学受験で学んだこと』

Y・Hさん
Yさんの保護者様

暇があるとTVゲームに熱中していた次男の顔つきが変わったのは、8歳年上の長男が大学受験を終え、第一志望に現役合格した2年前の春でした。
文武両道の進学校で、六年間勉学と部活動に打ち込み、良き師と友人に恵まれて夢を叶えた兄の姿に将来の自分を重ねたのか、 自分も兄と同じ中学に通いたい、そのために兄の通っていた明倫に通わせてほしいと、真剣に訴えてきました。
長男は小5の冬からのスタートで、急な坂を1年で登るのは大変でした。 始めるなら今かな、と思っていた時期と本人の目覚めた時期が偶然一致したので、再び明倫にお世話になることにしました。
ただ、二年間受験一色というのは子どもにとってよくないと長男の時から経験していますので、入塾前には本人とその後について話し合いました。 我が家のポリシーである、受験生である前に小学生であることを忘れず、日常生活を大切にしてほしいこと、 学力だけでなく、体力・気力も鍛えないと乗り切れないので、やる気がなくなったらやめること、の二点を約束し、 本人の強い希望で合唱部とスイミングは続けられるだけ続けることにしました。
明倫は市内にたくさん教室があり、習い事や学校行事に合わせて、所属校以外でも快く受け入れていただけたのは、本当にありがたいことでした。
徒歩、または地下鉄で通ううち、少し太めだった体型が二年間ですっきりし、身長も伸びて見違える姿になりました。
また、精神的にも自立し、自信がついたようです。  先生方の熱気あふれる楽しい授業ときめ細かなご指導(特に宿題ノートへの励ましのコメントにどれほど力をいただいたことでしょう) のおかげで、わかる喜び、できる嬉しさを知り、受験勉強に熱中し、安定した成績を保つことができました。

受験したすべての学校から合格をいただけたのはもちろん嬉しいことですが、勉強の本当のやり方や意味、自分の弱点を知り、 努力は必ず報われることなどを学べたことが、何よりの収穫だったと思います。
親にできるのは、環境を整え、見守り、祈ることだけでした。 難しい問題が解けない自分に苛立って夜中に裸足で飛び出した長男、自分で決めた所までやりたいと粘り、寝る時間が守れず注意されて半ベソの次男、 それぞれの子どもたちとの思い出も今となっては笑い話です。
子どもの力を信じて今後も応援したいと思います。

PAGE TOP