明倫ブログ

愛知県の公立高校入試がマークシートに!

昨日、愛知県教育委員会より、現在の中学2年生が受験する2023年度公立高校入試の概要が発表されました。

新聞でご覧になられた方も多いと思いますが、入試制度の大きな変更点は以下の4点です。

① 一般選抜の学力検査がこれまでの2回から1回に変更

  ⇒ 2校に出願できるのはこれまで通りで、学力検査が1回に!

② 推薦選抜の実施時期が2月上旬に早まる

  ⇒ 推薦書・調査書と面接が中心で、学力検査を実施しない形に!

③ 一般選抜の面接を実施するかどうかは各高校が決定

  ⇒ 高校ごとの面接の有無は令和4年4月頃に公表予定

④ 自己推薦形式の「特色選抜」を新たに導入

  ⇒ 一部の高校・学科で実施され、詳細は令和4年4月頃に公表予定

詳しい内容や入試スケジュールは、愛知県教育委員会HPに掲載されております。

愛知県教育委員会HP.jpg

タイトルにも記載しましたが、一般選抜の解答用紙が記述式からマークシートに変更されるとのこと。

2回の学力検査が1回に減ることで、負担は軽減されるかもしれませんが、

◆ 1回の学力検査で出願した2校の合否が決まるので、これまで以上に体調管理が鍵となる

◆ 入試日程が2月に前倒しになるので、今まで以上に早めに受験勉強をスタートさせるべき

◆ マークシート形式の問題に慣れておく必要がある

といった準備が必要となります。

合否判定のための校内順位の決定方式についても、愛知県教育委員会HPに記載されています。

以下のように、これまでの3パターンから5パターンに増えるそうです。

合否判定.jpg  

現在の中2生の皆さんは、新制度で入試を迎える1期生となります。

いろいろ不安もあるかと思いますが、条件は皆同じです。

受験生になってからではなく、今のうちからしっかり学力を身につけることが重要ですね。

明倫ゼミナールでは、高校入試説明会や進路面談などを定期的におこない、入試情報提供にも力を入れています

ご興味を持たれた方は、12/5の冬期説明会にご参加いただければ幸いです。

2学期期末テスト(または後期中間テスト)が近づいてきました。

時事問題がテストに出題される学校の皆さんは、時事問題の対策も忘れずにおこなっておきましょう。

10月~11月前半の時事問題をピックアップしましたので、テストまでにご確認を!

【2021年10月~11月前半の時事問題】

10月1日

財務省は、新しい500円硬貨を11月1日より発行することを発表。新500円硬貨は、様々な偽造防止技術を施しており、素材はニッケル黄銅、白銅及び銅からなり、新規技術として「バイカラー・クラッド(二色三層構造)」を導入。素材がそれぞれ異なる、リング状パーツと、3層構造のパーツを組み合わせて製造され、外観的には2色の硬貨に見える。

10月2日

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ首長国で「ドバイ万博」が開幕。万国博覧会の中東開催は初。開幕当日の午前中の人出はまばらだったが、日本館には約2時間待ちの行列ができた。日本では2025年の大阪・関西万博が開かれる予定。

10月4日

この日招集の臨時国会で衆参両院は本会議で首相指名選挙を行い、第100代首相に自民党の岸田文雄総裁を選出

※ 岸田新内閣の顔ぶれは、20人のうち、実に13人が初入閣。経済の面で日本企業や国民を海外の脅威から守るため新設された経済安全保障大臣には、46歳の小林鷹之氏が初入閣。デジタル大臣の牧島かれん氏は、最年少の44歳での入閣。

10月6日

スウェーデン王立科学アカデミーは5日、2021年のノーベル物理学賞を、地球の気候変動予測の道を開いた真鍋 淑郎(まなべしゅくろう)氏(90)らに授与すると発表。 高性能のコンピューターを駆使し、二酸化炭素(CO₂)などの温室効果ガスが、地球規模の気候変動に与える影響などを予測した先駆的な研究が評価された。

10月14日

衆議院が解散され、総選挙が行われることになった。岸田首相は就任してから10日での解散となり史上最短衆議院議員選挙が行われるのは4年ぶりになる。

10月19日

衆議院議員総選挙が公示された。小選挙区289議席、比例代表176議席の合計465議席を1051人の候補者で争う。衆院選と同時に行われる最高裁判所裁判官の国民審査も告示された。

10月20日

熊本県の阿蘇山・中岳第一火口で、噴火が発生。

10月20日

マイナンバーカード健康保険証としての利用がスタート。オンライン資格確認に対応している医療機関・薬局では、事前に利用申込済のマイナンバーカードで受診すると、同意があれば、他の医療機関で処方された薬剤情報などを医師・薬剤師が把握できるように。

10月22日

米欧の先進7カ国(G7)は、貿易相会合を開き、農業や衣料品などの国際的なサプライチェーン(供給網)から強制労働を排除することで一致、共同声明を採択。中国を念頭に置いた措置で、連携して対策を講じる。国際貿易に強い人権意識を義務付けた形。G7として強制労働の排除に関する声明を採択するのは初めてのこと。

※ G7:先進7か国をさす。アメリカ、イギリス、フランス、 ドイツ、イタリア、カナダ、日本のこと。

10月31日

この日行われた日本の衆議院議員選挙で、自民党が、全体465議席のうち単独過半数(233議席)を上回る結果となった。自民党は単独で、国会での主導権を握れる「絶対安定多数」(261議席)の議席を獲得。 連立与党の公明党は、32人が当選。この結果、連立与党の自民党・公明党は憲法改正発議の可能な3分の2(310議席)は超えられなかった。

 → 11月10日に召集される特別国会で第2次岸田内閣が発足。

10月31日

イタリアのローマで開催された20カ国・地域首脳会議(G20サミット)は、地球温暖化の抑制に向けた「有意義で効果的」な行動を促すことを盛り込んだ首脳宣言を採択。ただ、具体的な目標はほとんど示されず、COP26に多くの作業を残す形に。

G20:日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、カナダ(以上G7)に加え、ロシア、中国、インド、ブラジル、南アフリカ(以上BRICS 5か国)、オーストラリア、韓国、インドネシア、サウジアラビア、トルコ、メキシコ、アルゼンチン、EUが加盟。

11月1日

裁判員に選ばれる年齢が来年4月、現在の「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げられ、早ければ再来年から刑事裁判に参加することに。

裁判員制度:国民から選ばれる裁判員が刑事裁判の第1審に参加する制度で、6人の裁判員と3人の裁判官が刑事裁判に立ち会い、被告人が有罪か無罪か、有罪の場合どのような刑にするかを判断する。

11月1日

イギリスのグラスゴーで、「国連気候変動枠組条約第26回締約国会議」(COP26)がスタート。 COP26では、「パリ協定」と「気候変動に関する国際連合枠組条約」の目標達成に向けた行動を加速させるため、締約国が一堂に会して議論。 COP26の開催地となる英国では、すべての国と協力し、企業や市民と力を合わせ、気候変動対策への取り組みを推進する。

11月4日

国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)で46か国・地域が石炭火力発電の廃止を目指すことで合意。日本、アメリカ、中国、インドなどは合意に加わっていない。  

11月10日

岸田文雄首相は、第206特別国会第101代首相に選出された。新たな経済対策として、18歳以下に10万円を給付する方針を表明。これは、18歳以下の子どもに年内に現金で5万円、2022年春をめどに5万円相当のクーポンを支給するというもの。

明倫ゼミナールの冬期講習

11月になると、各塾の折込チラシが急に増えます。

冬期講習の案内がスタートするからです。

ここ数日は10月並みに暖かい日が続いていますが、2021年も残り2か月となり、年末の冬期講習が近づいているのです。

明倫ゼミナールも冬期講習の受付を開始いたしました。

2021winter_gmap.jpg

気になる方は、折込チラシやHPで詳細をご確認いただければ幸いです。

今年の冬は、久しぶりに帰省のご予定を立てていらっしゃる方も多いかもしれませんね。

明倫の冬期講習は多くの学年で、年末だけ受講できる復習コース年始だけ受講できる予習(新学期準備)コースとあり、どちらか一方だけ受講することも可能です。

帰省のご予定を立てる際、お子さまのニーズに合わせて、冬期講習の日程を考慮していただければ嬉しいです。

最後に、今年の新設コースを紹介させていただきます。

小学部(練成)5年生・6年生対象 

 【練成特選コース】

 ⇒ 中学入学準備の授業で、公立高トップ校を見据えたハイレベルな内容

 ⇒ 1/7(金)・1/8(土)の2日間

   午後2時~午後4時の120分授業

 ⇒ 算数・国語・英語の3科をみっちり学習

 ⇒ 新コース誕生特別記念! 

   受講料はなんと990円(教材費・消費税込)

11月23日に実施する無料テスト「学力診断テスト」のクリア基準がございますので、まずは「学力診断テスト」にチャレンジしてください!

とってもお得で、学校の授業では少し物足りないお子さまにお勧めの新コースです!

冬期講習が気になる方、ご興味のある方は、ぜひ冬期説明会にご参加くださいね。

無題.png

2学期中間テスト対策【9月の時事問題】

10月に2学期中間テストがおこなわれる学校の皆さん、テスト勉強は進められていますか?

今日は9月の時事問題を掲載させていただきます。

時事問題がテストに出る学校の皆さんは、何が出題されるかな?と予測しながら、確認しておいてくださいね!

【2021年9月の時事問題】

(新型コロナウイルス関連には★がついています)

8月31日

アメリカのバイデン大統領アフガニスタン戦争の終結を宣言。アフガニスタン戦争は2001年に始まり、20年続いた「アメリカ史上最も長い戦争」。アメリカ軍は8月31日までにアフガニスタンから完全撤退した。

9月1日

「デジタル庁」が発足。デジタル庁は、デジタル社会形成の司令塔として、未来志向のDX(デジタル・トランスフォーメーション)を推進し、「デジタル時代の官民のインフラを今後5年で一気呵成に作り上げる」を目標とする。

9月1日

国内の新型コロナウイルス感染者が累計で150万人を超えた。今年4月上旬に50万人を超えた感染者数は8月上旬に100万人を超え、9月1日には150万人超と急激に増加。

9月1日

2024年度から使用される新1万円札の印刷が開始。新1万円札の肖像画は、「近代日本経済の父」と呼ばれる渋沢栄一です。

9月3日

菅義偉首相は3日正午前の自民党役員会で、今月に予定されている党総裁選に立候補しないことを表明。首相も退任することになった。

9月7日

アフガニスタンで政権を掌握したタリバンが新内閣を発表。首相代行や国防相代行などの主要ポストにはタリバン幹部が就任。国連の安全保障理事会で制裁対象に指定されている人物も含まれる。

9月8日

世界保健機関(WHO)テドロス事務局長が新型コロナウイルスのワクチン接種について、3回目の年内実施は見合わせるように要求。発展途上国など1回目のワクチンがまだ行きわたっていない国へもワクチンが配分されるようにするため。

9月9日

12日までとなっていた新型コロナウイルスの緊急事態宣言が9月30日まで延長。延長となったのは12日まで対象となっていた21都道府県のうち宮城県と岡山県を除く19都道府県。宮城県と岡山県は「まん延防止等重点措置」の対象地域となる。

9月12日

イギリス政府がワクチンパスポート(接種証明書)の提示義務化を断念。大規模イベントなどで9月末から導入予定だったが、接種率が高いことから必要なしと判断したため。ワクチンパスポートはドイツやフランスなどではすでに導入済み。

9月13日

日本国民の半数以上が新型コロナワクチンの2回目の接種を終えたと政府が発表。1回は接種した人の割合は63.0%。政府は11月の早い時期までに希望者全員の2回目の接種が終わることを目標としている。

9月15日

北朝鮮が発射した弾道ミサイルが日本海に落下。弾道ミサイルの発射は、国連安全保障理事会の決議違反。北朝鮮は11日と12日にも長距離巡航ミサイルの発射実験を行っていた。

9月17日

4人の候補者による自民党総裁選挙が始まる。立候補したのは、河野行革担当大臣、岸田前政調会長、高市前総務大臣、野田幹事長代行。投開票は9月29日に行われる。

9月19日

神奈川大学がハイブリッドロケットの打ち上げに成功し、高度で国内記録を更新。ハイブリッドロケットは従来型とは燃料と酸化剤が別で、爆発の危険性が少なく安全だとされている。

9月21日

政府が菅義偉首相の後任首相を選出するために臨時国会を10月4日に召集すると決定。自民党の総裁選が9月29日に実施され、新総裁が臨時国会で首相に任命される見通し。

9月22日

アメリカが日本産食品に対して行っていた輸入規制を全面撤廃。規制は2011年の東京電力福島第1原発事故後に行ってきたもので、福島県産のコメなどに対する規制が撤廃。日本産食品に対する輸入停止措置は中国や韓国などでは残っている。

9月24日

日本、アメリカ、オーストラリア、インドによるクアッド首脳会談が米国で行われた。会談では新型コロナウイルスや気候変動への対応について協議。クアッドは対中国への連携を図る4か国の枠組み。

9月29日

事実上、次の総理大臣を決める自民党総裁選がおこなわれ、決選投票の結果、岸田文雄前政調会長が新総裁に選出された。

2学期のテスト対策は早めに準備を!

9月21日は「中秋の名月」で、1年で最も美しいと言われる月が満月として昇るそうです。

東海地方はあいにくのお天気で、残念ながら美しい満月を見ることが難しいようです。

ただ、すっかり秋らしくなり、秋の夜長とともに勉強しやすい季節となりました。

10月に2学期中間テストがある学校の皆さん、テスト勉強は進めていますか?

今年は新型コロナウイルスの影響で、2学期の開始が遅れたり、しばらく短縮授業や分散登校がありましたが、中間テストの日程が延期されることは少なく、予定通りおこなわれると思います。

ということは、学校の授業の進みが遅く、テスト前に急に教科書が何ページも進められたり、テスト直前までテスト範囲の学習が終わらない、ということが予測されます。

こういった事態を予測して、早めに1学期期末テスト後に習った内容からテスト勉強を進めていきましょう

【 テスト勉強の進め方 】

ステップ①:教科書のポイントまとめ

 ⇒ 今年から教科書が分厚くなり、これまでより難しくなっているからこそ、早めに教科書を読み返し、ポイントのまとめをおこなうことが大切です。

 ⇒ 授業中に学校の先生が強調していたところ、塾でも何度か出てきたところは、要チェックです。

 ⇒ 余裕のある人は、「自分が先生だったら、何をテストに出すかな?」「何を覚えてほしいかな?」など、先生の立場になって考えてみると、ポイントまとめがおもしろくなります。

ステップ②:学校のワークや塾のワークを解く

 ⇒ 教科書のポイントをまとめて、頭を整理してから、学校のワークや塾の教材で問題演習をおこなうと理解度が高まります。

 ⇒ ポイントとして覚えたことが、どのような形で出題されるかを把握でき、パターンがわかってきます。

明倫ゼミナールでは、上記のようなテスト勉強の進め方を、個別にサポートさせていただいたり、ノートチェックをしながら個別にアドバイスすることができます。

無題.jpg

中学生には「親孝行システム」という、優秀な成績を収めたお子さまに、奨学金を進呈する制度もあります。

教科書が難しくなったので心配していましたが、1学期の通知表向上者数は、2020年と同じくらいたくさんの方が認定カードを取得されました。

1学期で通知表の内申点が4点以上アップした方は多数、中には9点アップした方が出ています

2学期の通知表を向上させるためにも、早めにテスト勉強を進めてくださいね。

2学期もたくさんの方が通知表向上を実現できるよう、明倫ゼミナール講師一同、全力でバックアップさせていただきます。

親孝行.jpg

通知表(学習評価)の変更点

大雨や雷が続き、梅雨明けが迫っています。いよいよ来週からは夏休みが始まります!

今年は、昨年のような夏休みの短縮もなく、例年通りの長い夏休みを迎えられますね!

その前に、1学期の終業式にもらうものと言えば・・・「通知表」です!

新学習指導要領では、通知表の中身(観点別評価)が変更されます。

すでにご存知の方も多いと思いますが、改めてご紹介させていただきます。

無題.jpg

今までの通知表は、4つの観点においてそれぞれ評価され、この観点別評価の組み合わせで評定(内申点)が決まっていました。これが今年からは3つの観点に変更となります。

「技能」「知識・理解」の2つがまとめられ、「知識・技能」となり、3つの組み合わせで評定が決まるようになります。

3観点は、それぞれA~Cの3段階で評価します。

A:十分に満足できると判断されるもの 

B:おおむね満足できると判断されるもの

C:努力を要すると判断されるもの

観点別評価を組み合わせて、以下のようなイメージで評定(中学生は5段階・小学生は3段階)が決まります。

例)AAA → 評定は5または4

  AAB → 評定は4

  AAC・ABB → 評定は4または3

  ABC・BBB → 評定は3

  ACC・BBC → 評定は3または2

  BCC → 評定は2

  CCC → 評定は2または1

文部科学省のHPを見ると、評価例は以下のように明記されています。

◆「知識・技能」

 ⇒ 〇 個別の知識及び技能の習得状況について評価する。

   〇 概念等として理解したり,技能を習得したりしているかについて評価する。

 評価の工夫例)ペーパーテストで知識の習得と知識の概念理解を問う問題をバランスよく配置

        生徒に文章で説明させる、観察や実験をさせて式やグラフで表現させる

◆「思考・判断・表現」

 ⇒ 知識及び技能を活用して課題を解決する等のために必要な思考力, 判断力,表現力等を身に付けているかどうかを評価する。

 評価の工夫例)論述やレポート作成、発表、グループでの話合い、作品の制作や表現等の活動を取り入れる。

◆「主体的に学習に取り組む態度」

 ⇒ ①知識及び技能を獲得したり,思考力,判断 力,表現力等を身に付けたりすることに向けた粘り強い取組

   ②自らの学習を調整 しようとしているかどうかを含めて評価する。

 評価の工夫例)ノートやレポート等における記述

        授業中の発言

        教師による行動観察 など

1学期の通知表が出たら、改めて自分がどう評価されているか分析してみましょう。

明倫ゼミナールでは「通知表点検」といって、明倫の講師が通知表を見て、個別にアドバイスする時間を設けています。

2学期はどの教科をどのように取り組んだらよいか、評定を上げるために必要なことなど、通知表の見方とあわせてお伝えさせていただきます。

1学期の結果を踏まえて、夏休みを有効に利用して、2学期の準備をしていきましょう!

  

  

お待たせしました! 5~6月の時事問題を掲載させていただきます。

中間テストがなかった地域や中学校の方は、以前に掲載した【3~4月の時事問題】もあわせてご確認くださいね。

1学期の通知表が決まる期末テストです。最後までベストを尽くして悔いのないように頑張ってください!

【2021年5月~6月中旬の時事問題】

(新型コロナウイルス関連には★がついています)

5月2日

国際宇宙ステーション(ISS)で5カ月半の滞在を終えた野口聡一さん(56)ら4人の飛行士を乗せた米スペースX社の宇宙船「クルードラゴン」が日本時間2日午後、地球に無事帰還。

5月4日

総務省が「こどもの日」にちなんで国内外の子どもの人数などを取りまとめたレポートを発表。今年も5月4日付で「我が国のこどもの数-「こどもの日」にちなんで-(「人口推計」から)」が発表されましたが、それによれば日本の子ども(14歳以下)の人口は2020年4月1日時点で1512万人であることが明らかに。これは去年の同時期と比べ20万人の減少で、1982年から39年連続の減少。子どもの総人口に占める比率は12.0%で前年比マイナス0.1%ポイント。また、統計記録のある1950年分以降では、過去最低値を示している。子ども数の前年比で増加したのは東京都のみ(プラス3000人)、その他の地域はいずれも子ども数は減少。

5月8日

欧州連合(EU)と加盟27カ国の首脳は8日、インドのモディ首相とオンライン形式で会談し、2013年に中断した自由貿易協定(FTA)締結交渉を再開することで合意。EUは新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大に直面するインドへの連帯と支援を改めて約束

5月9日

アメリカ宇宙軍は9日、中国が独自の宇宙ステーション建設のために4月に打ち上げた大型ロケット「長征5号B」について、米東部時間8日午後10時15分(日本時間9日午前11時15分)ごろ、アラビア半島上空で大気圏に再突入したことを確認したと発表。また、残骸はモルディブ北方のインド洋に落下したとしている。

5月10日

国連教育科学文化機関ユネスコは、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」について、世界自然遺産に登録するよう求める勧告を発表。

5月11日

財務省の発表によると、国債と借入金、政府短期証券を合計した国の借金は2020年度末時点で1216兆4634億円となり、5年連続で過去最大を更新。新型コロナ対策で3度の補正予算を編成し、国債を増発した結果、借金は1年間で101兆9234億円増。今年4月1日時点の総人口である1億2541万人で割ると1人あたり約970万円の借金を抱えている計算に。

5月12日

デジタル庁」創設を盛り込んだデジタル改革関連6法が12日の参院本会議で成立。政府はデジタル庁を官民デジタル化推進の司令塔役と位置付け、9月発足に向けた準備を本格化させる。事務方トップの「デジタル監」には専門技術に詳しい民間人材を起用する方針。

5月12日

農林水産省の発表によると、2019年のお茶の産出額で、鹿児島県が静岡県を抜いて1位に。

5月15日

中国の無人探査機「天問1号」は15日午前、火星への着陸に成功。中国の習近平国家主席は無人探査機の火星着陸を受けて「わが国の宇宙探査の重要な一歩を踏み出した」と讃えた。

・★5月16日

政府は、新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言を東京、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡に北海道、岡山、広島を追加することを発令。計9都道府県に拡大する緊急事態の期限は31日まで。
感染力の強い変異ウイルスの影響による急拡大が懸念される中、政府は自治体と連携し、感染抑止に全力を挙げる。
一方、宣言に準じた対策を講じるまん延防止等重点措置について、神奈川、埼玉、千葉、岐阜、三重、愛媛、沖縄に群馬、石川、熊本3県を適用対象に追加。これに伴い、対象地域は10県に拡大。既に適用中の地域は31日が期限だが、群馬など3県は6月13日までが期限となる。

5月21日

武力衝突が続いていたイスラエルとパレスチナ自治区ガザ地区を実効支配するイスラム原理主義組織ハマスが、戦闘を停止すると表明。

5月26日

北海道・北東北の縄文遺跡群が、国連教育・科学・文化機関(UNESCO)の諮問機関である国際記念物遺跡会議(ICOMOS)から世界遺産の登録勧告を受けた。

5月31日

世界各国のリーダーらが環境問題を話し合う国際会議であるP4G首脳会議が閉幕。会議では、気候変動を緊急の国際的な脅威と位置づけるソウル宣言を採択し、再生可能エネルギーを巡る国際協力の強化を求めた。

6月1日

女子テニスの大坂なおみ選手が、パリで開催される全仏オープンの1回戦の試合後の会見を拒否し、2回戦を棄権することを表明。

・★6月3日

国には、新型コロナのワクチン接種のスピードアップを図り、個別接種、集団接種、大規模接種に加え、職場や大学などでの職域接種を開始することを発表。

6月4日

プラスチック製の使い捨てスプーンなどの削減やリサイクルを促す、プラスチック資源循環促進法が、国会で可決・成立。無料で配布しているコンビニや飲食店などに対しては、有料化や代替素材への切り替えなどが義務化される。

6月4日

参議院・本会議で、国家公務員の定年を60歳から65歳に段階的に引き上げる改正国家公務員法が、賛成多数で可決・成立。

6月6日

ゴルフの全米女子オープンで笹生優花(さそうゆうか)選手が史上最年少優勝を果たした。出生地であるフィリピンで笹生選手の切手が販売されることに決定。

6月6日

陸上男子短距離の山縣亮太選手が日本記録となる9秒95を記録。

6月11~13日

イギリスのコーンウォールG7サミット(主要7か国首脳会議)が開かれた。

【G7とは】

フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、カナダ、イタリアの先進7か国

6月15日

衆議院本会議で野党が提出した内閣不信任案が反対多数で否決された。

気がつけば、あと1か月ほどで夏休みになります。

1学期の期末テストが終わった人、これから期末テストを迎える人、地域や学校によってさまざまだと思いますが、夏の過ごし方が2学期以降の成績や実力に大きく関わることをお伝えさせていただきます。

『中学生の皆さんは新しい教科書での授業に慣れましたか?』

特に英語が難しくなり学校の授業は速く進み勉強に対する不安が大きくなっている方もいるのではないでしょうか?

1学期の中間テスト結果を見て、「結果を見てショックを受けた!」「思ったより点数が低くて心配になった」と、通塾や転塾、夏期講習の受講を検討される方が増えているようで、明倫にもたくさんのお問い合わせをいただいております。

実際のテスト問題を見ると、明らかに難度が上がっている学校があり、中1生でも平均点がかなり低かったようです。

また、中3や中2生の授業を担当している講師から、昨年の学習内容があまり定着していないケースが多いと聞きます。

昨年の学校休校による影響で、学習量や反復練習の不足が原因のようです。

昨年、一通り教科書を学習したはずだけど、授業進度が速かったせいか「あまり覚えていない」「もう忘れてしまった」という方も多いのではないでしょうか?

今年は例年通りの夏休みとなり、まとまった時間が確保できる貴重な機会となります。

1学期の分からないところはもちろん、前学年の曖昧なところも、この夏休みにきちんと復習すれば、2学期以降の成績や実力で大きな差になります。

明倫の夏期講習は、以下の3点を意識したカリキュラムが組まれており、私から自信をもっておススメします!

◆ 勉強量の確保

◆ 受験対策

◆ 2学期の準備

ただ暗記するだけでなく、「なぜ?」「どうして?」という部分を掘り下げる「思考力を鍛える授業」を意識しています。

明倫名物「成績の上がるノートのつくり方」もお伝えいたします。

夏期講習に興味がある、詳しく聞きたい、という方は、まずはお近くの校舎の夏期説明会にご参加いただければ幸いです。

夏の覚悟が、あなたの未来を切り拓きます!!

今年のゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?

多くの地域では、県をまたぐ移動の自粛要請があったため、自宅でのんびり過ごされた方が多かったと思います。

中間テストがある地域の皆さんは、この連休中にテスト勉強をスタートできましたか?

学校がお休みとなる休日の勉強時間が、ライバルや友人との差につながります。

連休中にテスト勉強をしっかりおこなった方も、残念ながらあまり進まなかった方も、ここから中間テストまでの計画をしっかり立てて、勉強量を増やしていきましょう!

【2021年3月~4月の時事問題】

(新型コロナウイルス関連には★がついています)

・★3月1日

大阪、兵庫、京都、愛知、岐阜、福岡の6府県に1月14日から発出されていた緊急事態宣言が解除東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県は継続。感染の再拡大を防ぐため、飲食店に対する営業短縮要請は一部、継続されます。

3月1日

2050年の温室効果ガスの排出量実質ゼロ実現のため、環境省が排出量に応じて企業に税負担を課す「炭素税」を本格的に導入する方向で検討していることが判明。国内では2012年から炭素税の一種として二酸化炭素排出量に応じて原油やガスなどの化石燃料の輸入業者らに課税する地球温暖化対策税を導入している。

3月10日

国際オリンピック委員会(IOC)の総会で任期満了に伴う会長選挙が行われ、バッハ会長が再選。バッハ会長は2013年に就任。今回の選挙ではほかに候補者がいなかったため、信任投票となった。

3月11日

戦後最大の自然災害となった東日本大震災から10年が経過。2011年3月11日午後2時46分に三陸沖でマグニチュード9.0の巨大地震が発生。大津波により多くの尊い人命が失われた。

3月17日

第一生命保険が行った大人になったらなりたい職業アンケートの回答で、中学生は男女とも会社員が1位に。アンケートは2020年12月に、小学3年生~高校生を対象に行われたもの。会社員は高校生男女、小学生男子でも1位。小学生女子の1位はパティシエだった。

3月18日

政府は、アメリカ産牛肉に対する緊急輸入制限(セーフガード)を18日に発動し、関税(輸入品にかける税)を25.8%から38.5%に引き上げると発表。また、今回のセーフガードの発動はアメリカ産牛肉の輸入量が想定以上に増え、基準を超えたことが要因。

3月19日

第93回選抜高校野球大会(春のセンバツ)が開幕。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で春夏とも甲子園が中止。今大会は2年ぶりの開催となる。

・★3月21日

東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県に継続して発出されていた緊急事態宣言が解除された。今回の緊急事態宣言は1月8日に2月7日までの予定で発出され、期限が2回延長。1都3県へは73日間、緊急事態宣言が出されていた。解除されたことにより、イベントの人数制限などが緩和。

325

東京オリンピックの聖火リレーが始まる。復興五輪が大会理念になっていることから東日本大震災の被災地である福島県の「Jヴィレッジ」からスタート。今後、121日間で47都道府県を回る予定。

3月26日

2021年度予算が自民党などの賛成多数で可決、成立。一般会計総額は、過去最大の106兆6097億円となり、3年連続で100兆円を突破。主な歳出は、社会保障費35.8兆円、地方交付税等交付金15.9兆円、公共事業費6.1兆円、国債費23.8兆円など。ほかに新型コロナウイルス対策の予備費として5兆円が計上されている。

3月31日

男女格差を測る「ジェンダーギャップ指数」日本は156ヵ国中120位(2020年)となった。ジェンダーギャップ指数は、国際機関の世界経済フォーラム(WEF)が毎年発表している指標。日本は女性議員の割合が低いことなどが影響して低い順位となっている。

・★4月6日

北朝鮮が今夏に開催予定の東京五輪へ参加しないことを表明。新型コロナウイルス感染から選手団を守ることが目的。東京五輪への不参加を表明した国は北朝鮮が初めて。

4月6日

70歳までの就労機会確保を企業の努力義務とした改正高年齢者雇用安定法が1日、施行。これまでは企業に対し、65歳までの希望者全員の雇用を義務化していたが、新制度ではさらに70歳までの就業機会の確保を努力義務とした。

・★4月8日

厚生労働省が新型コロナの影響で仕事を失った人が10万人(見込み含む)を超えたと発表。業種別では製造業が最も多く2万人超。小売業、飲食業、宿泊業も1万人を超えている。

4月13日

福島第一原発に貯蔵されている原発処理水を2年後をめどに海洋放出することを決定。処理水には放射性物質が含まれているが、国の基準の40分の1未満まで薄めて放出。国際原子力機関(IAEA)やアメリカが日本の方針に理解を示す一方で、中国や韓国は反発。

4月13日

厚生労働省が、「ヤングケアラー」という、親やきょうだいの介護や家事に追われる若年層について、初の全国的な実態調査を行い、中学2年の6%、高校2年の4%がこれに該当すると発表。家族の世話にかかる時間は1日平均で4時間に上り、勉強や睡眠時間の不足を訴える声も。

4月14日

東京オリンピック開催まであと100日となりました。東京オリンピックは7月23日から8月8日までの17日間で開催予定。

4月16日

菅首相バイデン大統領による初の日米首脳会談がワシントンのホワイトハウスで行われた。バイデン大統領がホワイトハウスに外国首脳を招いたのは就任後初。会談では、中国への懸念や気候変動、東京五輪開催などについて意見交換。

4月20日

神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県が「まん延防止等重点措置」の対象地域に追加された。これにより適用対象は東京都などを含む10都府県に。

4月20日

米航空宇宙局(NASA)は、火星探査車「パーシビアランス」に搭載していた小型ヘリコプターの飛行実験に成功したことを発表。火星の大気は地球の1%ほどの薄さで、十分な浮力を得られるかが課題だったが、ヘリは高さ3メートルまで上昇し、空中で30秒間静止した後、着陸したとのこと。

4月21日

EU(欧州連合)がAI(人工知能)利用に関する規制案を発表。公の場で顔認証などの生体認証技術を使用することを禁止するもの。違反した場合は制裁金が科せられる。

4月22日~24日

アメリカが主催する気候変動に関する首脳会議(サミット)が開催されました。日本、中国、インドなどがオンラインで参加。温室効果ガスの削減目標を各国が表明。日本の菅義偉首相は、2030年度までに温室効果ガスを2013年度比で46%削減するとの新たな目標を表明(これまでの目標は2013年度比で26%削減)。政府は昨年10月に、2050年までに温室効果ガス排出量の実質ゼロを実現する方針も示している。

4月24日

政府は、新型コロナウイルスの感染が拡大している東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を発令することを決定。発令期間は25日から5月11日までの17日間で、幅広い休業要請などを通じて、大型連休中などの人の流れを止めることを目指す。

4月24日

星出彰彦(ほしで あきひこ)宇宙飛行士ら4人を乗せたアメリカ民間宇宙船「クルードラゴン」が、アメリカ・フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられた。国際宇宙ステーション(ISS)滞在中はISS船長に就任し、米欧露の飛行士らとともに、将来の月探査に向けた、廃水を処理して再利用する装置の実験などもおこなう予定。ISSには野口聡一飛行士も今月28日まで滞在中で、日本人飛行士2人が同時に活動することに。

新中1生対象 成績の上がる勉強法講座

今週末は、明倫恒例行事である『新中1 成績の上がる勉強法講座(特別学習指導)』を各校舎で実施します。

この講座の主旨は以下の通りです。

・小学校と中学校の違いを理解した上で、規則正しい学習習慣や正しい勉強法を身につける重要性を理解してほしい

・中学校の通知表がどのようにしてつけられるかを知ってほしい

・中学校で初めて受ける定期テストの準備を進めてほしい

上記の主旨から、「効率よく記憶する方法」「中学生の学習法」を紹介し、実際の中間テスト予想問題にも一部チャレンジしていただく予定です。

また、学習指導要領の改訂により、今年から通知表の評価方法が変更になります。

通知表がどのように変わるのか? そのあたりも詳しくお伝えする予定です。

IMG_6466.jpgIMG_6467.jpg

新しい教科書での学習は始まったばかりですが、英語はかなり難しくなっており、1学期(前期)の中間テストに対する不安も大きくなっていると思います。

まずはこの勉強法講座を受けて心の準備をしてくださいね。

明倫ゼミナールでは、中間テスト対策として『ゴールデンウィーク講座』をおこないます。

昨年よりオンライン授業に変更していますが、3日間たっぷりと英語・数学のテスト対策授業を受けられますので、早めに準備して良いスタートを切りたい方は、GW講座もお勧めです!

特別学習指導もGW講座も、塾生の紹介でしたらご友人のご参加も可能です!

興味のある方はぜひ最寄の校舎にお問い合わせくださいね。

2021年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリ