明倫ブログ

中間テスト対策 【4月~5月の時事問題】

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?

10連休を有効に活用し、中間テストの勉強を進められましたか?

今回は連休前後の4月~5月前半の時事問題をご紹介します。

「毎回、テストに時事問題が出題される!」という方は、ぜひ参考にしてください。

【2019年4月~2019年5月の時事問題】

・4月1日

政府は新たな元号を「令和(れいわ)」と決定。

5月1日の皇太子さまの新天皇即位に合わせ、同日午前0時に元号が平成から改まる。

日本最古の歌集である「万葉集」が由来で、歌人の大伴旅人(おおとものたびと)の文章から引用。

元号の典拠が日本古典(国書)となるのは初めてのこと。

・4月9日

麻生太郎財務相が、一万円、五千円、千円の紙幣と500円貨幣を全面的に刷新すると発表。

現在の紙幣は2004年に発行されたもの。新紙幣は2024年度上期をめどに発行される予定。 

新紙幣の肖像画に用いられるのは以下の人物。

新1万円札は渋沢栄一(しぶさわ えいいち)

・・・「日本資本主義の父」と呼ばれ、明治時代の日本経済の発展に貢献。

新5千円札は津田梅子(つだ うめこ)

・・・「日本女子教育の先駆者」と呼ばれ、津田塾大学の創始者となる。

新1千円札は北里柴三郎(きたさと しばさぶろう)

・・・「近代日本医学の父」と呼ばれ、ペスト菌を発見したり、破傷風の治療法を開発するなど感染症医学の発展に貢献。

・4月10日

史上初めて、ブラックホールの影を撮影

地球から約5500万光年離れた銀河の中心にある巨大なブラックホールの影を撮影することに史上初めて成功したと、日本の国立天文台などの国際共同研究チームが日本時間10日夜 、世界6カ所で同時発表。

今回の成果は、アインシュタインが提唱した一般相対性理論を裏付ける意味もあり、依然謎に包まれている暗黒の天体、ブラックホールの正体だけでなく、無数の星や銀河が形成される過程の解明につながり、宇宙の歴史にも迫る業績と期待される。

・4月16日

フランスのパリ中心部にある観光名所、ノートルダム大聖堂で日本時間16日未明、大規模な火災が発生

火は大きな炎を上げて瞬く間に広がり、屋根や尖塔(せんとう)が焼け落ちるなど深刻な被害が出た。

・4月23日

安倍晋三首相は訪問先のフランス・パリのフランス大統領府で、マクロン大統領と会談

今年6月に大阪市で開く主要20カ国・地域(G20)首脳会議に向け、世界貿易機関(WTO)改革やデジタル経済の国際ルール作りなどで連携する方針を確認。

首相は会談に先立つ共同記者発表で、マクロン氏がG20に合わせた6月下旬に東京を訪れると発表。

パリ・ノートルダム大聖堂の火災に関し、修復に協力する意向も伝えました。

・4月23日

スリランカで21日に起きた連続テロ事件で、同国政府は、「イスラム国(IS)」が事件に関わったとの見方を示した。ISも同日、犯行声明を出した。この事件でこれまでに確認された死者は300人以上に上り、負傷者は500人を超える。

・4月25日

北朝鮮の金正恩労働党委員長はロシア極東のウラジオストクで、ロシアのプーチン大統領との初の首脳会談に臨んだ。

・4月25日

探査機はやぶさ2が平成最後に、世界初の「人工クレーター形成」に成功

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は25日午後、小惑星りゅうぐうの上空1・7キロに降下した、はやぶさ2から送られた映像で衝突実験によって表面に人工クレーターを誕生させたことを確認し、発表。 

・5月2日

南米ベネズエラで、独裁色を強めるマドゥロ大統領の退陣を求める大規模デモが各地で行われた。

治安部隊などとの衝突で少なくとも女性1人が頭に銃弾を受け死亡。負傷者も多数出た模様。

野党指導者で暫定大統領を宣言したグアイド国会議長は、マドゥロ政権打倒へ更に圧力をかける考えを示しており、緊張が続く。

・5月3日

米ホワイトハウスのサンダース報道官は、アメリカのトランプ大統領がロシアのプーチン大統領と約1時間、電話会談を行ったと明らかに。北朝鮮の非核化のほか、緊迫するベネズエラ情勢などについて協議

・5月5日

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は、軍部隊の火力打撃(砲撃)訓練が4日、日本海沿いで行われ、金正恩朝鮮労働党委員長が立ち会ったと報じた。

北朝鮮は4日、東岸の元山付近から飛翔体数発を発射しており、訓練の報道はこれを指すとみられる。

朝鮮中央通信は大口径長距離放射砲(多連装ロケット砲)や戦術誘導兵器の運用能力の点検などが訓練の目的と説明しているが、弾道ミサイル発射なら、国連安保理決議違反となる。

明倫ゼミナールでは、毎年この時期に「中1特別学習指導」として、

《 新中1・成績の上がる勉強法講座 》を開いています。

今週末に各校舎にておこなわれており、

・なぜ勉強しなければならないのか?

・効率よく記憶する方法とは?

・中学生の学習法

といったテーマで、今後の勉強の仕方などをレクチャーしました。

IMG_3995.JPGIMG_3996.JPG

中学に入学し、新しい環境での学習や生活にうまく適応できなくなる「中1ギャップ」という言葉があります。

中1ギャップの問題行動の多くは、中学生になって新しい友人・人間関係が築けなかったり、学習や部活動についていけなかったりすることをきっかけに、本人が自信を失い、不安や不満を募らせることが原因であると考えられているそうです。

せめて、学習面だけは明倫が全面的にバックアップしたいという思いがあり、具体的な中学での勉強方法や記憶力の高め方、学校の授業の受け方や通知表のしくみなど、これから何をすればよいのかを細かくアドバイスしているのです。

先生の話すテンポが少し速くて、ついていくのが大変だったかもしれません。

それも中学校の授業の練習です。学校の先生が話す内容の中で、何が大切で、何をノートに残すべきなのか、少しずつ身につけられるよう、集中して聞く姿勢を育てていきましょう。

お子さまにお伝えする内容を、保護者の皆さんにも知っていただきたいと考え、ここ数年は親子参加をお勧めしています。本日もたくさんの保護者の方にご参加いただき、心より感謝いたします。

ゴールデンウィークが終われば、いよいよ中学校で初めて受ける定期テスト『1学期中間テスト』が迫ってきます。

本日の講座を受けた生徒の皆さんが、中間テストに向けて早めに準備を始め、自信をもってテストに臨めるよう、今後もフォローをしていきます。

あわせて、明倫恒例「ゴールデンウィーク講座」の申込締切が迫っています。

連休最後の2日間は、明倫で中間テスト対策授業を受けてみませんか?

たくさんの方のご参加をお待ちしております!

IMG_3990.JPG

高校入試は3月19日に合格発表でした。

大学入試についても、ほぼ結果が出そろった形です。

受験生だった皆さん、本当におつかれさまでした。そして、合格おめでとうございます!!

本日は、高校入試を終えた中3生の『合格祝賀会』を各校舎で実施しました。

入試を終え、ほっとした生徒たちの笑顔をたくさん見ることができました。

改めて、心からこの1年の頑張りを労い、新しいステージで活躍してくれることを願うばかりです。


今回は、合格祝いを兼ねて、名古屋大学に合格した明倫高校館の生徒たちの声を紹介させていただきます。

◆ 高校入試が終わると、どうしても気が抜けて勉強がおろそかになってしまうけど、高1の4月からきちんと学習習慣をつけることが重要!  特に、数学・英語は毎日勉強する習慣を早くつけるべき

◆ 高校入試で第1志望に落ちてしまい、第2志望の高校に進学したため、最初はやる気が落ちてしまい、高1の1学期期末テストは成績が大きく下がってしまった。気を抜かずに頑張れば、第1志望の高校と同じくらいの大学へ行けるので、第2志望の高校に進学することになっても高1から頑張ってほしい!

◆ 高校では、定期テスト前に慌てて勉強してもダメ。日々の勉強の積み重ねが大切

◆ 大学入試は高3だけ勉強して簡単に乗り越えられるものではない。日頃から勉強の質を高め、量×質のどちらも上げる努力が必要

志望大学を決めたのは高1の夏。オープンキャンパスへ行って、名古屋大学へ行きたい、と思い、志望大学とした。早めに志望大学を決めた方がよい。

先輩たちの生の声は説得力がありますね。

高校入試を終えた皆さん、次の目標を早く決めて、充実した素晴らしい高校生活を送ってください!

合格おめでとう! 新たなスタートを!

2月、3月は私たち塾講師にとって、最も忙しい時期といえます。

・私立中学入試

・私立高校入試

・学年末テスト

・私立大学入試

・公立高校入試

・国公立大学入試・・・

まずは、私立中学入試が終わり、受験科6年生はひと段落というところです。

改めて、「合格した皆さん、本当におめでとうございます!! 今までおつかれさまでした!」

私立中入試の合格実績や生徒たちの喜びの声は、ぜひ「中学受験ブログ」をご覧くださいね。

第1志望に見事合格できた子、惜しくも第2志望以降になってしまった子も、これまでの頑張り、積み上げてきた勉強量は、必ず次のステージで活かすことができます。

受験が終わった後にも関わらず、次の目標を見据えて、「中学準備講座」にご参加された方も多かったです。

合格がゴールではなく、新しいスタートなのです!

中学の勉強で良いスタートが切れるよう、英語と数学の予習をしながら、これまでの学習習慣を続けているのが嬉しいです。

さて、中3生・高3生も、公立高や国公立大合格を目指して最後のラストスパートをかけている時期だと思います。

もちろん、今は合格することだけを考えて必死に勉強すればよいのですが、入試が終わった後は、いわゆる『燃え尽き症候群』となってしまわぬよう、早く次の目標を決めて新しいスタートを切ってくださいね。

合格の余韻に浸り、のんびり遊んでいるうちに、せっかく積み上げてきた学習習慣や学力が落ちてしまう場合もあります。筋肉は使わないと落ちてしまいますが、勉強に向かう姿勢や習慣も同じです。サボってしまったら、取り返すのに莫大な時間がかかり、後で苦労することになります

そうならないよう、合格したら次のステージでの新しい目標を設定して、前を向いて頑張っていきましょう!

明倫ゼミナールは今年40周年を迎えます。

地元の皆さんに恩返しをするつもりで、生徒の成績向上、志望校合格に社員一同で邁進してまいります。

区切りの年にはなりますが、次のステージ、新しい目標を見据えて、これからも前を向いて頑張ります!

(塾向けの雑誌にはなりますが、明倫が記事になりました。)

IMG_3805.JPG

学年末テストに向けて、そろそろ準備をしていきましょう。

今回は11月後半~1月前半の時事問題をご紹介します。

「毎回、テストに時事問題が出題される!」という方は、ぜひ参考にしてください。

【2018年11月~2019年1月の時事問題】

11月16日

フランスで開催された「国際度量衡総会」で、これまで白金とイリジウムの合金で作られていた1㎏の国際基準を、物理学の計算で算出されたものに変更するとの決定があった。新基準は「プランク係数」を使用したものに変更され、2019年5月20日から使用。

11月19日

自動車メーカーである「日産」の会長、カルロス・ゴーン氏が逮捕。

容疑は自らの役員報酬を過少に有価証券報告書に記載したという金融商品取引法違反。役員報酬を少なく報告、税金などをごまかしていたという疑い。ゴーン氏は、「三菱自動車」の会長でもあり、フランスの自動車メーカー「ルノー」の最高経営責任者(CEO)でもある。

11月24日

2025年 国際博覧会(万博)の開催国を決める博覧会国際事務局(BIE)の総会で日本が開催国に選ばれる。

開催場所は大阪市此花(このはな)区の人工島・夢洲(ゆめしま)となり、2025年5月3日~11月3日の185日間の開催。日本での万博開催は2005年の愛知万博(愛・地球博)に続き3回目。大阪では1970年以来55年ぶりの開催

11月25日

イギリスEU(欧州連合)離脱交渉をめぐり、EUの臨時首脳会議で離脱の条件を定めた「離脱協定案」が正式に承認。今後は、イギリス議会で離脱協定案について議論が交わされるが、議論は激しい攻防となる様相。また、臨時首脳会議では、離脱後のEUとイギリスの関係を大枠で示した「政治宣言」も同時に合意。

11月29日

国連教育科学文化機関(ユネスコ)は、日本の「来訪神:仮面・仮装の神々」を無形文化遺産に登録することを決定。

来訪神とは、外界から人々に幸せや豊かさを約束する神のことで、その来訪神の仮装をした人が家や集落を訪れて怠け者を戒め、家や集落に幸福をもたらすとされる行事。「子供たちに道徳行儀を教え、家族の絆を強め、地域の伝統への敬意を増進させる重要な役割を果たしている」といった点が高く評価。主な来訪神として、秋田「男鹿(おが)のナマハゲ」がある。

12月3日

今年話題になった言葉に贈られる「新語・流行語大賞」の年間大賞に、平昌オリンピックで活躍したカーリング女子の「そだねー」が選出。その他、トップ10には「eスポーツ」「(大迫)半端ないって」「おっさんずラブ」「ご飯論法」「災害級の暑さ」「スーパーボランティア」「奈良判定」「ボーっと生きてんじゃねーよ!」「#MeToo」の言葉が選ばれた。

12月10日

フランスで「燃料税」引き上げに抗議する『黄色いベスト運動』が活発に。フランスのマクロン大統領の退陣なども求める。12月1日には、首都パリの富裕層が集まる地域で、車への放火・店舗への略奪行為なども起こり、一部が暴徒化。

※黄色いベストは、車の運転を仕事とする労働者のシンボル的意味合いがある。

12月12日

日本漢字能力検定協会が毎年の世相を1字で表す『今年の漢字』を 『災』に決めたことが発表。

京都市にある清水寺の森清範(せいはん)貫主(かんす)が、設置された特大の和紙に特大の筆で書き上げた。

12月14日

天皇の即位の日である2019年5月1日及び即位礼正殿の儀が行われる日である2019年10月22日を休日とすることが決定。これにともない、祝日に挟まれる4月30日、5月2日も祝日法により祝日となり、2019年のゴールデンウイークは最大10連休となる。

12月20日

海上自衛隊の「P1哨戒機」韓国海軍の艦艇から「火器管制レーダー」を照射されていたことが判明し、岩屋毅防衛大臣が緊急会見を開く。火器管制レーダーの照射は火器(武器)の使用に先立って実施する行為であり、相手に照射することは不測の事態を招きかねない危険な行為とされている。

12月26日

日本政府が商業捕鯨の再開に向けて、国際捕鯨委員会(IWC)から脱退

クジラの資源回復を根拠として商業捕鯨の再開を提案し続けていたが、反捕鯨国の強い反対のため現在でも認められておらず、このままIWCに属していても再開の見通しは無いと判断。今後、商業捕鯨は日本の領海と排他的経済水域内に限定した上で、IWCの計算で算出した捕鯨枠の範囲内にとどめる方針。

1月3日

第95回箱根駅伝の2日目(復路)が行われ、東海大学が初の総合優勝を果たす。

昨年の総合優勝校である青山学院大学は往路6位から追い上げたが、総合2位で終わる。

1月8日

レスリング吉田沙保里選手現役引退を表明。

オリンピック・世界選手権と合わせて16大会連続世界一となり、個人戦206連勝など「霊長類最強」と呼ばれ、2012年には国民栄誉賞も受賞。

今回は以上です。

学年末テストで良い結果を出し、『有終の美』を飾れるようにがんばってくださいね!

目標設定のススメ

2019年が始まりました!

本年もよろしくお願いいたします。

年末年始におこなわれた恒例の正月合宿や正月特訓が終わり、1月6日の模試でもって冬期講習全日程が終了いたしました。ご参加いただいた生徒の皆さん、よくがんばりました。おつかれさまでした。

冬期講習や正月特訓で使用したテキストやノートは、皆さんの宝物です!

「これだけ勉強した!」という証になり、自分の自信になりますし、何よりも自分が忘れていたポイントや弱点がそこに詰まっています。入試直前や定期テスト前には、もう一度ノートやテキストを見返し、同じような問題が出たら自力で解けるまでやり直しをしてください。大きな力になるはずです。

IMG_3721.JPGIMG_3745.JPGIMG_3700.JPG

さて、2019年のスタートにあたり、「今年の抱負」「今年の目標」は立てましたか?

「1年の計は元旦にあり」ということわざがあります。

「ことにあたっては、最初にしっかりとした計画を立ててから臨むことが大切だ」という意味を持ちます。

このことわざの語源として、

「1日の計画は朝に立てることが肝心。1年の計画は年の初め(元旦)に立てることが肝心。一生の計画はきちんと仕事をすることで決まる。一家の計画(将来)は主人の生き方で決まる。」

という意味の言葉が昔の書物に残されているそうです。

メジャーリーグの大谷翔平選手が高校生の時に書いた目標について、聞いたことがある人もいるかもしれません。

自分の目標を明確に持ち、

それを達成するために具体的にいつまでに何をするのか、どんな意識を持つのか、

を決めて、それを地道に実行することで、大谷選手は自分の夢を確実に叶え、素晴らしい活躍をされています。

明倫でも、定期テスト前は自分のテスト勉強の目標や計画を立ててもらいますが、今年は大谷選手を見習い、さらに具体的な目標設定を皆さんに実践していただく予定です。

目標を頭の中で考えるだけでなく、文字に残し、言葉に発することで、実現できるイメージをさらに強化するのです。

無題.png

2019年は「目標達成にこだわる1年」にしたいと思います。

明倫で一緒に成績アップ、志望校合格を勝ちとりましょう!

※ 1月13日(日)は新年度募集の公開説明会を各校舎で実施します。

  明倫の授業やノート指導に興味をお持ちの方は、ぜひお立ち寄りください。HPから予約もできます!

今日は「勤労感謝の日」で祝日なので、今週末は3連休になりますね。

テスト前の祝日や土・日曜日の過ごし方は、とても重要です。

「つい夜更かしをして、翌日は昼まで寝ている」「勉強を始めるのは、結局、外が暗くなってから」

という方はいませんか?

学校へ行く平日と同じように、

・朝起きて午前中に 2~3時間は勉強

・昼食後から夕食まで 4~5時間は勉強

・夕食後から就寝までに 2時間ほど勉強

といった、普段のペースを守って生活できれば、かなりの勉強時間を確保することができます。

それが3連休となると、大きな差がつきますよね。

誘惑の多い自宅で勉強できない方は、塾の自習室や図書館などを利用するとよいです。

さて、昨日に続いて、期末テスト《差がつく1問》直前チェック の数学編をお届けします。

最終チェックとしてご活用ください。

【数学】

中1 : 円Oの周上にあり2点A,Bから等しい距離にある点Pを示しなさい。

   中1.png

中2 : 印の付いた角の和を求めなさい。

中2.png

中3 : y=x2上にある2点A(-2,4)、B(4,16)を通る直線ABとy軸との交点をCとするとき、Cを通り△OABの面積を

2等分する直線の式を求めなさい。

中3.png

【数学解答】

中1 : 線分ABの垂直二等分線を引き、円との交点を作図する。(2か所ある)

中1解答.png

中2 : 180×9-360×2=900度

   (考え方)1つ飛ばしで結んでできる星型 180×頂点の数-360×2=180×(頂点の数-4)

中3 : 線分ABの中点(1,10)の真下でOB上の点(1,4)を通るように引けば2等分できる。y=-4x+8

中3解答.png

似たパターンの問題で練習を積んでおきましょう。

来週、期末テストがある中学生の皆さん、頑張ってくださいね! 健闘を祈ります!!

今週~来週にかけて、多くの中学校で2学期 期末テストがありますね。

2学期の通知表を決める大事な定期テストです。

特に、中3生は入試をイメージし、時間いっぱいまで粘って1点をもぎ取る練習をしてくださいね。

今日は、《差がつく1問》直前チェック! として、各学年の対策問題(英語&国語)を紹介させていただきます。

【英語】

問 次の日本語を英語に直しなさい。

中1:「ケンは普段は放課後に何をしますか。」

中2:「もし明日雨が降ったら、ケンは図書館に行くでしょう。」

中3:「私はどこでケンが木の下で眠っているその犬を見かけたのか知っています。」

【英語解答】

中1: What does Ken usually do after school?

中2: If it rains tomorrow, Ken will go to the library.

中3: I know where Ken saw the dog sleeping under the tree.

【国語】 ※ 国語は縦書きですが、ブログの形式上、横書きで表記しております。

中1: 問 次の文を単語に分けなさい。

・月が見せるさまざまな姿の中の一瞬を切り取りました。

中2: 問 次の文から用言をすべて抜き出し、品詞名と活用形を答えなさい。

・父はおびただしい葉書にきちょうめんな筆で自分宛ての宛名を書いた。

中3: 問 次の文の中から助動詞をすべて抜き出し、その意味を答えなさい。

・何かでせき止められたように、頭の中で駆け巡るだけで、口からは出なかった。

【国語解答】

中1: 月・が・見せる・さまざまな・姿・の・中・の・一瞬・を・切り取り・まし・た

中2: おびただしい・形容詞・連体形 / きちょうめんな・形容動詞・連体形 / 書い・動詞・連用形

中3: られ・受け身 / た・過去 / ように・比喩 / で(「だけで」の「で」)・断定 /

    なかっ・打消し / た・過去

皆さん、いかがでしたか?

ケアレスミスや記憶違いはなかったでしょうか?

テスト直前は、間違えた問題のやり直し、覚えなおしを徹底し、1点でも多く得点できるように頑張りましょう!

明日は数学を掲載します。気になる方はチェックしてくださいね!

今後、この明倫ブログでは、より具体的な勉強の中身に触れていきたいと考えています。

今回は、2学期期末テスト(後期中間テスト)対策の第1弾として、10月~11月の時事問題を紹介します。

「毎回、テストに時事問題が出題される!」という方は、ぜひ参考にしてください。

【 10~11月の時事問題 】

・10月1日

京都大学高等研究院の本庶佑(ほんじょ・たすく)特別教授が2018年のノーベル生理学・医学賞の受賞者に選ばれた。

受賞理由は、免疫の働きにブレーキをかけるたんぱく質「PD-1」の発見。そして、このブレーキを取り除くことでがん細胞を攻撃する新しいタイプの「がん免疫療法」の開発に結びつけ,がんの治療薬、「オプジーボ」の開発につなげたこと。自然科学3賞として日本人23人目に。

・10月6日

「日本の台所」とも呼ばれた東京都中央区の築地市場が、83年の歴史に幕を閉じ移転。移転先は東京都江東区の豊洲市場で、10月11日に開場。

・10月15日

「千葉時代」を意味する「チバニアン」が、国の天然記念物に指定

千葉・市原市にある地層で、この地層には、およそ77万年前に地球の磁場のN極とS極が最後に逆転した痕跡が残っていて、学術的な価値が高く評価されていた。

・10月15日

安倍首相は午後に開かれた臨時閣議で、消費税2019年10月から10%に引き上げることを表明し、それにともなう景気対策を指示。

「食料品」の食べ物や飲み物は8%のままだが、「酒」や「外食」は飲食店で食べる場合は10%に引き上げられる
 今回は、増税分を幼児教育無償化に充てるという公約もあり、引き上げを決断。

・10月18日

将棋の藤井聡太七段が第49期新人王戦で初優勝

16歳2か月での優勝は、同大会での最年少記録を31年ぶりに更新。

・10月21日

アメリカのトランプ大統領は、アメリカとロシア(当時ソ連)が1987年に結んだ軍事条約である『中距離核戦力(INF)全廃条約』から離脱すると表明

ロシア側の条約違反を理由としている。

・10月23日

日本が中国に対しておよそ40年続けてきたODA(政府開発援助)は、今年度の新規案件を最後に終了する見通し。

今後は対等な立場として「開発協力対話」を作り、途上国支援などで連携を図ることに。

・10月24日

内戦中のシリアに密入国し、武装勢力に拘束されていたとされるフリージャーナリストの安田純平さんが、約3年4カ月ぶりに解放され、10月25日に帰国。

・10月26日

安倍晋三総理が、国際会議を除けば日本の総理大臣として7年ぶりに公式に中国を訪問

中国の李克強首相と首脳会談を行い「日中関係は競争から協調へ新たな段階に入った」と述べ、その後、北京の釣魚台迎賓館で中国の習近平国家主席と約1時間20分の会談。会談では、習近平国家主席に来年の訪日を要請したほか、「競争から協調」など三つの新原則や安定的な首脳往来を進めることを確認。

・10月31日

ドイツ初の女性首相であり、2005年から連続して首相を務めてきたアンゲラ・メルケル首相が2021年までの首相任期を務めた後に引退することを表明

・11月6日

アメリカのトランプ大統領にとって就任後初めて国民の審判を受ける「中間選挙」の開票が終了。

上院ではトランプ大統領を支持する与党の共和党下院では野党民主党勝利し、議会の上下院でねじれが生じた。今後のトランプ大統領の政権運営に影響が出ることが予想される。

・11月6日

政府は欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)承認案を閣議決定

今国会での承認を目指す。日EUとも年内に議会手続きが終われば来年2月1日に発効。発効されれば双方の関税が幅広く引き下げられ、世界の国内総生産(GDP)の約3割を占める巨大な自由貿易圏が誕生することに。

・11月14日

アメリカのメジャーリーグ(野球)のアメリカン・リーグの新人王に今季二刀流で全米の注目を集めたエンゼルスの大谷翔平選手が選出。

以上です。

明倫では、「ズバこれ!」という名前で知られている時事問題集で、テスト前に塾生に配布したり、教室に掲示します。

今回は特別にお裾分けです。

皆さん、期末テスト頑張ってくださいね!!

9/4 本日の授業は休講します

本日(9/4)は、台風21号の影響を考慮し、小学生・中学生・高校生ともに全授業を休講することにしました。

各校舎、夜まで開いておりませんので、ご注意ください。

今日は外に出歩くことなく、自宅で夏期講習テキストや模試の復習、通常授業の宿題などをおこないましょう!

学校もお休みですし、のんびりできる機会です。時間をかけて模試の復習をしっかりおこなってほしいです。

時間を有意義に活用して、普段できないことをやってくださいね!

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ