明倫ブログ

新中1生対象 成績の上がる勉強法講座

今週末は、明倫恒例行事である『新中1 成績の上がる勉強法講座(特別学習指導)』を各校舎で実施します。

この講座の主旨は以下の通りです。

・小学校と中学校の違いを理解した上で、規則正しい学習習慣や正しい勉強法を身につける重要性を理解してほしい

・中学校の通知表がどのようにしてつけられるかを知ってほしい

・中学校で初めて受ける定期テストの準備を進めてほしい

上記の主旨から、「効率よく記憶する方法」「中学生の学習法」を紹介し、実際の中間テスト予想問題にも一部チャレンジしていただく予定です。

また、学習指導要領の改訂により、今年から通知表の評価方法が変更になります。

通知表がどのように変わるのか? そのあたりも詳しくお伝えする予定です。

IMG_6466.jpgIMG_6467.jpg

新しい教科書での学習は始まったばかりですが、英語はかなり難しくなっており、1学期(前期)の中間テストに対する不安も大きくなっていると思います。

まずはこの勉強法講座を受けて心の準備をしてくださいね。

明倫ゼミナールでは、中間テスト対策として『ゴールデンウィーク講座』をおこないます。

昨年よりオンライン授業に変更していますが、3日間たっぷりと英語・数学のテスト対策授業を受けられますので、早めに準備して良いスタートを切りたい方は、GW講座もお勧めです!

特別学習指導もGW講座も、塾生の紹介でしたらご友人のご参加も可能です!

興味のある方はぜひ最寄の校舎にお問い合わせくださいね。

国公立大学 合格速報!

愛知県の高校入試もいよいよ明日の面接で全日程終了となります。

コロナウイルスという恐怖と闘いながら、入試を迎えた今年の受験生の皆さん、本当におつかれさまでした! 予測不能の大変な1年でしたね。その困難を乗り越え、手にした合格は喜びもひとしおでしょう。

ここ数日、高校部より国公立大学(前期日程)の合格報告が続々と届いていましたが、本日「東京大学合格!」の知らせをいただきました! 素晴らしいですね!

どんな勉強をして合格を掴んだのか、合格体験記など詳しい報告は改めて高校部のブログやSNSで発信させていただきます。

とても嬉しかったので、まず第一報としてこの場でご報告させていただきました。

合格された生徒の皆さん、おめでとうございます!

初めての「大学入学共通テスト」で不安も大きかったと思いますが、コツコツ努力を積み重ねてきた結果、自ら合格を掴み取ったのだと思います。

コロナと新入試という困難を乗り越えた経験は、大学生や社会人になっても自分の自信になることでしょう。本当におつかれさまでした。

MEIRIN高校館・高校部は、地元大学への受験指導に自信があり、毎年「名古屋大学」「名古屋工業大学」「名古屋市立大学」「愛知教育大学」「愛知県立大学」「岐阜大学」「三重大学」など地元国公立大学の合格者が多い塾です。

今年は塾生の約4分の1が東海地方の国公立大学に合格しています。

地元大学への進学をご希望されている皆さん、MEIRIN高校館・高校部の手厚い指導と高い合格率をぜひ体験してみてください!

東大.jpg掲示.jpg

学年末テストが近づいています。

1・2学期の内申点と今回の学年末テストの点数を総合して、最後の通知表が決まります。

悔いのないようベストを尽くし、現学年の最後のテストで有終の美を飾りましょう。

時事問題が出題される学校は、中3学年末テスト対策の11月分もあわせて確認してくださいね。

【2020年12月~2021年2月の時事問題】

(新型コロナウイルス関連には★がついています)

・★12月1日

2020年ユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞に「3密」が選ばれた。3密とは、新型コロナウイルスの感染防止のために避けるべき3つの「密」(密閉、密集、密接)のこと。今年の流行語大賞(トップテン)にはコロナ関連の用語がほかにも選ばれた。

《 新語・流行語大賞トップテン 》

3密(年間大賞)、アマビエ、アベノマスク、オンライン○○、GoToキャンペーン、愛の不時着、あつ森(あつまれ どうぶつの森)、鬼滅の刃、ソロキャンプ、フワちゃん

・★12月8日

イギリスで新型コロナウイルスのワクチン接種が始まった。医療従事者、介護施設スタッフ、80代以上の高齢者から接種を開始。ロシアでも12月5日からワクチン接種が開始。

12月9日

昨年(2019年)一年間での世界の温室効果ガス排出量過去最多の591億トンに。増加は3年連続。今年(2020年)は新型コロナウイルス感染拡大による経済活動への影響で、昨年から減少する見込み。

12月14日

米大統領選で民主党のバイデン候補過半数の選挙人を獲得。トランプ大統領は選挙の不正を引き続き訴えていますが、来月にバイデン氏が大統領に選出されることに。

・★12月14日

新型コロナウイルスの感染拡大により「Go To トラベル」事業が全国一斉で停止されることに。停止期間は12月28日から1月11日まで。以降は今後の感染状況により判断される。

・★12月15日

2020年の世相を表す「今年の漢字」に「」が選ばれた。公益財団法人「日本漢字能力検定協会」が毎年公募し、応募総数20万8025票のうち、「密」は最多の2万8401票を集めた。新型コロナウイルスの流行で、感染リスクが高まるとされる「3密」を避ける意識が広まったほか、人との「密接」な関わりの大切さが再認識されたことなどが理由とされた。

12月15日

日本の小惑星探査機「はやぶさ2」が地球に届けたカプセルから、探査した小惑星リュウグウの黒い砂粒が見つかったことが報じられた。カプセルは2層構造で、試料を収める小箱の外側にある容器の底に黒い砂粒が付着。リュウグウの試料には、生命の材料となる有機物や水が含まれているとみられており、分析によって、太陽系の歴史や生命の起源の手がかりが得られることが期待される。

12月24日

EU(欧州連合)とイギリスが自由貿易協定(FTA)の締結で合意。イギリスはEU離脱により貿易面でEU加盟国と同等の扱いを受ける「移行期間」が12月31日までとなっていたが、今回の合意により年明けから関税が復活する事態を回避することに。

12月31日

イギリスのEU(欧州連合)からの離脱プロセスが完了。イギリスは2020年1月31日にEUから離脱したが、関税同盟などでこの日まで移行期間が続いていた。

・★2021年1月7日

政府は、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県を対象とした緊急事態宣言の再発令を決定。

1月14日には、栃木県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県が追加された。

1月16日

初めての大学入学共通テストが、全国で一斉に始まった。新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言が11都府県に出されるなか、約53万5千人が厳しい感染防止策が取られた会場で試験に臨んだ。

1月20日

アメリカ合衆国第46代大統領民主党のジョー・バイデン氏が就任

1月22日

核兵器禁止条約が発効。日本や核保有国は参加しておらず

・★1月27日

米誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」は人類による地球破壊までの残り時間を比喩的に示す「終末時計」は残り100秒と発表。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)、核戦争、気候変動の脅威を受け、残り時間は昨年と同じとなった。

2月1日

ミャンマーで軍事クーデターが起こり、アウン・サン・スー・チー国家顧問や与党の幹部らが拘束。ミャンマー国軍は1日、国軍が保有するテレビを通じ、「軍が国家の権力を掌握した」と宣言。これに先立ち、アウン・サン・スーチー国家顧問やウィンミン大統領らが国軍に拘束されたとAFP通信などが報じた。

・★2月2日

政府は、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言の延長を発表。菅総理は政府の新型コロナウイルス対策本部会議の冒頭、緊急事態宣言を発出中の11都府県のうち、栃木県のみを7日に解除し、10都府県については3月7日まで延長すると表明。

中学入試、大学入学共通テスト・・・ コロナ禍での入試が始まりました。

今年受験する小学6年生、中学3年生、高校3年生の皆さんは、これまでずっとコロナに気をつけながら受験勉強を頑張ってこられたと思います。思うようにできないことも多く、本当に大変だと思いますが、体調に気をつけながら受験を乗り越えてほしいです。

私たちも例年のような合宿が実施できず、入試会場へ応援にも行けず、今までおこなってきたような受験生支援ができず大変心苦しいです。

ただ、お互い「こんな状況の中でもベストを尽くし、やれることは全力でやる」しかありません。

受験生の皆さん、最後まで粘り強く頑張ってくださいね!

明倫ゼミナールでは、高校部の社員が中心となり、先日行われた大学入学共通テストの問題分析をおこない、塾内で勉強会も開きました。

せっかく集めた情報なので、高校生の保護者の方はもちろん、小学生や中学生の保護者の皆様にもお伝えしたいと考え、オンライン保護者会を実施いたします。

大学入試の現状はもちろん、将来の大学入試に備えて小学生や中学生のうちに何を身につけておくべきか?といった内容もお伝えいたします。

センター試験.jpg

「大学入試なんてまだまだ先」と思われる保護者の方もいらっしゃると思いますが、今のうちからやっておくべきことが見えてくると思いますので、ぜひご都合の合う方はご参加ください。

詳細は、HP上の「オンライン保護者会開催」でご確認くださいね。

保護者会バナー.jpg

オンラインなのでお気軽にご参加いただければ幸いです。

中3生は今週末~来週にかけて、学年末テストがおこなわれます。

これで入試の内申点が決まりますので、最後まで諦めずにテスト勉強の追い込みをしてください!

主要5教科はもちろん、副教科の勉強も忘れずに! 

入試では主要教科も副教科も関係なく、9教科の合計点が重要となります。

体調に気を付けてがんばってくださいね!

【2020年11月~2021年1月の時事問題】

(新型コロナウイルス関連には★がついています)

11月17日

スーパーコンピューター「富岳」が性能ランキングで前回調査に続いて世界1位に。1位となったのは「TOP500」、「HPCG」、「HPL-AI」、「Graph500」の4部門。4部門で2期続けて1位となったのは世界初。

11月18日

2019年に行われた参議院選挙での「1票の格差」に関する訴訟で最高裁が合憲の判断を行った。昨年の参議院選挙での「1票の格差」は最大で3.002倍。「合憲」と判断した裁判官は15人中10人だった。

11月24日

中国が無人の月面探査機「嫦娥(じょうが)5号」の打ち上げに成功。探査機は月の土壌を採取し地球に帰還する予定。

・★12月1日

2020年ユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞に「3密」が選ばれた。3密とは、新型コロナウイルスの感染防止のために避けるべき3つの「密」(密閉、密集、密接)のこと。今年の流行語大賞(トップテン)にはコロナ関連の用語がほかにも選ばれた。

《 新語・流行語大賞トップテン 》

3密(年間大賞)、アマビエ、アベノマスク、オンライン○○、GoToキャンペーン、愛の不時着、あつ森(あつまれ どうぶつの森)、鬼滅の刃、ソロキャンプ、フワちゃん

・★12月8日

イギリスで新型コロナウイルスのワクチン接種が始まった。医療従事者、介護施設スタッフ、80代以上の高齢者から接種を開始。ロシアでも12月5日からワクチン接種が開始。

12月9日

昨年(2019年)一年間での世界の温室効果ガス排出量が過去最多の591億トンに。増加は3年連続。今年(2020年)は新型コロナウイルス感染拡大による経済活動への影響で、昨年から減少する見込み。

12月14日

米大統領選で民主党のバイデン候補過半数の選挙人を獲得。トランプ大統領は選挙の不正を引き続き訴えていますが、来月にバイデン氏が大統領に選出されることに。

・★12月14日

新型コロナウイルスの感染拡大により「Go To トラベル」事業が全国一斉で停止されることに。停止期間は12月28日から1月11日まで。以降は今後の感染状況により判断される。

・★12月15日

2020年の世相を表す「今年の漢字」に「」が選ばれた。公益財団法人「日本漢字能力検定協会」が毎年公募し、応募総数20万8025票のうち、「密」は最多の2万8401票を集めた。新型コロナウイルスの流行で、感染リスクが高まるとされる「3密」を避ける意識が広まったほか、人との「密接」な関わりの大切さが再認識されたことなどが理由とされた。

12月15日

日本の小惑星探査機「はやぶさ2」が地球に届けたカプセルから、探査した小惑星リュウグウの黒い砂粒が見つかったことが報じられた。カプセルは2層構造で、試料を収める小箱の外側にある容器の底に黒い砂粒が付着。リュウグウの試料には、生命の材料となる有機物や水が含まれているとみられており、分析によって、太陽系の歴史や生命の起源の手がかりが得られることが期待される。

12月24日

EU(欧州連合)とイギリスが自由貿易協定(FTA)の締結で合意。イギリスはEU離脱により貿易面でEU加盟国と同等の扱いを受ける「移行期間」が12月31日までとなっていたが、今回の合意により年明けから関税が復活する事態を回避することに。

12月31日

イギリスのEU(欧州連合)からの離脱プロセスが完了。イギリスは2020年1月31日にEUから離脱したが、関税同盟などでこの日まで移行期間が続いていた。

・★2021年1月7日

政府は、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県を対象とした緊急事態宣言の再発令を決定しました。

どうなる?! 大学入学共通テスト

2021年が始まりました。本年もよろしくお願いいたします。

帰省や旅行ができない異例づくしの年末年始でしたが、明倫ゼミナールでは恒例の正月特訓を形を変えて実施させていただきました。

感染予防など厳戒体制の中で、正月特訓にご参加いただいた受験生の皆さん、本当におつかれさまでした。また、送迎やお弁当作りなど支えてくださった保護者の皆様には心より感謝いたします。ありがとうございました。

IMG_6179.JPG

正月特訓を終えて、1/4より冬期講習を再開しておりますが、受験生の皆さんはいよいよ入試本番が始まります。

今日は、今年初めておこなわれる「大学入学共通テスト」についてお話させていただきます。

今年の出願者は約53万人ということで、昨年のセンター試験より4%減だそうです。

特に既卒生(浪人生)が19%減ということで、新入試を警戒し、昨春に浪人を選択しなかった方が多いようです。

コロナ救済措置として、濃厚接触者になった方でも体調に問題がなければ、別室での受験が可能になっています。受験生の皆さんは、正しい情報を集めて、もし不測の事態が起こっても慌てないようにしっかり準備しておきましょう。

1/16、17の第1日程が終わった後、実際の入試問題を分析しますが、これまでのプレテストなどの傾向を見ていると、とにかく多くの情報を速く正確に読み取り、処理する力」が求められているようです。

英語を例にすれば、文字数が3割程度増加します(試験時間は同じ)。

このように、問題文や英文など、読む量が増えることが予測されています。

また数学や理科だけでなく、英語や国語、社会においても複数の資料やデータを考察する問題が増えるようです。

小学生や中学生の皆さんは、今のうちから、たくさんの文字に触れる機会(=読書)を増やし、読解力を高めることが重要です。

まさに、「速く正確に文章を読み取る力」を高めることが、将来の大学入試につながっていくと思います。

高校生 正月特訓.jpg

最後に、受験生の皆様へ

免疫力を高められるよう、十分な睡眠と栄養のある食事、規則正しい生活を送り、コロナ禍での厳しい受験を乗り越えてください! 最後まであきらめずに粘り強く取り組んでほしいです。

今年はコロナの影響で、社員皆で入試会場へ応援に駆けつけることができません。

当日の応援には行けなくても、私たち明倫社員一同、生徒皆さんの志望校合格を心より祈っております。

教育改革と教科書改訂

2020年も残り半月となりました。

今年はコロナウイルス感染症のため、誰もが予想もしなかった1年となったのではないでしょうか?

私たち学習塾側にとっても、春の学校休校や塾の休業要請に始まり、夏休み・冬休みの短縮など、さまざまな対応に追われた1年となりました。

本来、2020年は小学校での英語教科化やプログラミングの導入など、教育改革の初年度として注目されなければなりませんでした。ただ、コロナですっかり印象が薄くなってしまい、小学校ではどれくらい英語指導に本気で取り組むことができたのかな?と不安が残ります。

もっと心配なのが、2021年におこなわれる中学校の教科書改訂です。

来年の英語の教科書サンプルを少し見ただけですが、単語・英文ともに、かなり難しくなっており、英語嫌いの生徒が増えてしまうのでは?と不安になります。

以下の「小学校から中学校、高等学校で習う単語の数」を見てください。

【旧指導要領】 中学校:1200語  高等学校:1800語  ⇒ 約3000語

【新指導要領】 小学校:600~700語  中学校:1600~1800語  高等学校:1800~2500語

        ⇒ 約4000~5000語

小学校で習った単語が身についていることが前提で、中学校の教科書が作られています。

また、習う単語の数が増えれば増えるほど、難しい単語が増えます。

例えば、中学の教科書でも、英検準2級や2級レベルの単語が加わってくるのです。

無題.png

↑ 文部科学省のHPに掲載されている資料です。

少し見づらいですが、中学校の英語の授業時間は変わらないのに、単語数が増え、教科書が分厚くなります

明倫ゼミナールではこれまで、新指導要領に記載されている「思考力」を意識した指導を強化してまいりました。

冬期講習でも「思考力」を伸ばす「考えさせる授業」を提供します。

冬期バナー.jpg

ただ、新指導要領に対応するには、「思考力」を高めるだけでは十分とは言えません。

さらに来年は、【 思考力+英単語の定着+英語4技能強化 】をテーマに、生徒の皆さんの学力向上と新指導要領対策に取り組んでいく予定です。

難化する新教科書に負けない学力を、今のうちから身につけていきましょう!

来年もよろしくお願いいたします!

2学期期末テストに向けて、勉強は進んでいますか?

2学期に学習している内容は、入試や模試によく出る重要単元ばかり。

テスト勉強を計画的にコツコツおこなうことは、そのまま自分の実力を高め、入試への準備につながります。

時事問題も含め、対策を万全にしておきましょう!

【2020年10月~11月の時事問題】

(新型コロナウイルス関連には★がついています)

・★10月1日

政府の観光支援事業「Go To トラベル」に東京発着の旅行が追加された。
飲食店への支援策「Go To イート」キャンペーンも始まった。

102

河野太郎行政改革担当大臣はんこ廃止や脱ファクスなど慣例打破政策を打ち出す。規制改革を柱に掲げる菅政権の意に沿って、得意の会員制交流サイト(SNS)も生かして迅速な対応をアピール。デジタル化に向けては、まず「行政手続き上のはんこ廃止に着手。9月中を期限に各省庁に求めた実態調査について、1日には「印鑑を求める手続きは約800種類で、かなりの部分は廃止できる」と説明。徐々にファクスや紙の使用もやめていく考えも示した。

・★10月2日

新型コロナウイルスの感染が判明したアメリカのトランプ大統領が、ワシントン近郊にある軍の医療センターに入院。

10月5日

スウェーデンのカロリンスカ研究所は、2020年のノーベル医学生理学賞を、C型肝炎ウイルスを発見した米国立衛生研究所(NIH)のハービー・アルター名誉研究員ら米国とカナダの3人に授与すると発表。
C型肝炎ウイルスは、感染しても自覚がないまま症状を悪化させ、肝硬変や肝臓がんを引き起こす。原因となるウイルスの発見によって新たな血液検査法や治療薬が開発され、世界中で多くの命を救ったことが評価された。

10月6日

スウェーデンの王立科学アカデミーは、2020年のノーベル物理学賞を、ブラックホールの研究で成果を上げた英オックスフォード大のロジャー・ペンローズ氏(89)ら欧米の3人に授与すると発表。
ペンローズ氏はアインシュタインの一般相対性理論を基にブラックホールが形成されることを理論的に証明。他の2人は目に見えないが極めて重い物体がわれわれの銀河系の中心にあることを観測で発見した。その正体がブラックホールであると考えられている。

10月9日

スウェーデン・アカデミーは、2020年のノーベル文学賞を、米国の詩人ルイーズ・グリュックさん(77)に授与すると発表した。「個の存在を普遍的な存在に作り上げる厳粛な美しさをともなった、まごうことなき詩的な声」を授賞理由としている。

10月9日

今年のノーベル平和賞が発表され、紛争や飢餓に苦しむ人々に食糧援助を行う国連世界食糧計画(WFP)が選ばれた。 1963年に設立されたWFPは、世界で年間約80か国・8000万人以上に食糧を提供している国連の機関。

「飢餓との闘い」が評価された形。

10月25日

核兵器の保有や使用を禁じる核兵器禁止条約を批准した国と地域が24日、中米のホンジュラスが正式に批准したことにより50に達し、条約は来年1月に発効することに。
なお唯一の被爆国である日本はこの条約には批准していない

1026

菅義偉(すが よしひで)首相は26日に召集された臨時国会で所信表明演説を行い、その中で温室効果ガス排出量2050年までに実質ゼロとする目標を宣言した。

11月1日

大阪市民は住民投票において、日本維新の会代表の松井一郎大阪市長による大阪都構想(大阪市廃止と4特別区への移行)の是非を問う住民投票の提案を否決した。具体的には、反対692,99650.63%)が賛成675,82949.37%)を上回った。

11月4日

政府は英国との新たな経済連携協定(EPA)の承認案を閣議決定した。日英両国での国内手続きを経て、来年1月1日の発効を目指す。英国の欧州連合(EU)離脱に伴い、関税などの優遇措置を英国に適用する「移行期間」が今年末に失効するため、新協定を切れ目なく発効する。
承認案は開会中の臨時国会に提出す。日本とEUの協定を大筋で踏襲し、日本車への関税(現在7.5%)を2026年2月にゼロとし、自動車部品の関税は92%の品目で即時撤廃する。

1111

宮城県の東北電力女川(おながわ)原子力発電所2号機について、村井嘉浩知事は、立地する女川町、石巻市の首長とともに記者会見し、再稼働に同意すると表明。実際の再稼働は、防潮堤(海抜29メートル)の建設など安全対策工事が完了する2022年度以降になる。

11月11日

アメリカ大統領選挙が終了し、民主党のジョー・バイデン大統領(第46代)が就任(2021年1月20日)する見込み。カマラ・ハリス氏は米国初の黒人・インド系女性の副大統領となる。
政策については公約として、多くのことがあげられている。骨子は教育、医療、年金などの支援に加え、インフラ(社会資本)整備、税制改革(増税)がメイン。
長年にわたり多国間主義の立場を取ってきたバイデンは1月の就任後、米国を即座にパリ協定へと復帰させる意向。また、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)復帰を検討し、その範囲を当初の12か国から拡大させる可能性も高いと見られている。
ちなみに
ジョー・バイデン...民主党  

ドナルド・トランプ...共和党

1112

菅義偉首相は、ジョー・バイデン米次期大統領と電話会談し、日米同盟の一層強化と自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて日米で連携する考えを伝える一方、バイデン氏は尖閣諸島について、米国の日本防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用範囲であるとの見解を示した。

11月13日

河野太郎行政・規制改革担当相は定例会見で、民間からの行政手続き約1万5000種類について、99%以上の手続きで押印を廃止するとを明らかに。83種類は存続するものの、「認め印」は全て廃止になります。
※ 認印(みとめいん)とは、届出をしていない個人のハンコのこと。

11月14日

日本や中国、韓国東南アジア諸国連合(ASEAN)などが参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の首脳会合が、テレビ会議方式で開かれ、交渉から離脱したインドを除く15カ国協定に署名した。国内総生産(GDP)の合計が世界全体の約3割を占める巨大経済圏が誕生する
RCEPは日本や中国、韓国とASEAN、オセアニアの合わせて15か国が参加し、関税の撤廃や削減、電子商取引などのルールを整備する協定。輸入については、コメや牛肉などの「重要5品目」は関税撤廃の対象とならないが、中国からの加工野菜などは段階的に撤廃される。
一方で、自動車部品や中国向けの日本酒・ホタテ貝など関税が撤廃される品目が増え、日本企業の輸出には追い風になりそう。

・★11月15日

国際オリンピック委員会(IOC)バッハ会長が来日。来年のオリンピックの開催に向けて明日から話し合いが始まり、バッハ会長は16日、菅義偉(すがよしひで)総理、東京都の小池百合子知事、大会組織委員会の森喜朗会長らと面会する。
新型コロナの感染が世界で広がる中で来年の東京オリンピック・パラリンピックの準備状況や観客の人数などを話し合う。

2学期中間テスト対策【7~9月の時事問題】

多くの学校は、10月に2学期中間テストがおこなわれると思います。

今回はテスト対策として、7~9月の時事問題を掲載します。

時事問題がテストに出る人は要チェックです!

【2020年7月~9月の時事問題】(新型コロナウイルス関連には★がついています)

7月1日

全国の小売店でプラスチック製レジ袋の有料化がスタート。深刻化するプラスチックごみによる海の汚染や地球温暖化を防ぐことが狙い

7月1日

中国政府香港への統制を強める「国家安全維持法」が成立。中国の全人代常務委員会は6月30日、「香港国家安全維持法」を全会一致で可決し、即日施行。
7月1日は、香港がイギリスから中国に返還された記念日で、例年なら、民主派団体の大規模なデモが行われるが、法律の成立を受け、解散を表明する団体が出るなど、すでに民主化運動の委縮が広がっている。

75

任期満了に伴う東京都知事選は即日投開票され、無所属現職の小池百合子氏(67)が再選した。

・★78

ドナルド・トランプ米大統領は、国連(UN)に対し、世界保健機関(WHO)からの脱退を正式に通知した。米当局者が7日、明らかに。トランプ氏はWHOの新型コロナウイルスへの対応を厳しく批判し、脱退の意向を示していた。

716

将棋の藤井聡太七段(17)が渡辺明棋聖(36)に挑戦している第91期棋聖戦5番勝負第4局が行われ、藤井七段が勝ち、対戦成績3勝1敗として初タイトルとなる棋聖を奪取した。17歳11か月でのタイトル獲得となり、1990年棋聖戦で当時18歳6か月の屋敷伸之九段(48)が樹立した史上最年少記録を30年ぶりに更した。

722

新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に立たされている観光業界に対する政府の支援事業Go To トラベル」22日、スタート。東京発着の旅行を対象外にしたり、キャンセル料の補償を表明したりと混乱が続く中、静岡県内の観光関係者からは誘客効果に期待しつつも「感染をさらに広げる恐れもあり、時期尚早では」と不安の声も聞かれた。

8月13

ドナルドトランプ米大統領は、アラブ首長国連邦(UAE)とイスラエルが国交正常化に向かうことで合意したと発表。トランプ政権の仲介によるもの。

820

棋聖に続き、王位も奪取し高校生二冠となった藤井聡太二冠。同時に八段にも昇段が決定。

8月25日

安倍晋三首相は、この日2012年の政権復帰から2020年8月24日で連続在職日数が2799日となり、佐藤栄作を抜いて歴代単独1位となったことについて「政治は、その職に何日間在職したかではなく、何を成し遂げたかが問われる」と述べた。

その後、安倍首相は、28日夕方の会見で持病の潰瘍性大腸炎が再発したことを明らかにし辞任する意向を表明した。

829

米公民権運動の黒人指導者、故マーチン・ルーサー・キング牧師57年前の1963828日に「私には夢がある」と演説したワシントン大行進を記念した集会が28日にワシントンで行われた。数千人の参加者は、警官による黒人への暴行や銃撃事件が相次ぐ中、具体的な差別解消策を示さずに「法と秩序」ばかりを強調するトランプ政権に抗議の声を上げ、首都を行進した。

93

今年7月に日本の貨物船がモーリシャス沖で座礁した事故では1000トン以上の重油が流出し、マングローブなどの生態系への影響が懸念される。日本政府は国際緊急援助隊を派遣しているが、小泉進次郎環境大臣は3日、モーリシャスのラマノ環境大臣とオンラインで会談し、環境を保全するために、引き続き全力で支援していく方針を伝えた。

94

日本政府などの提案で開かれた気候変動に関するオンラインの国際会議で、小泉進次郎環境大臣石炭火力発電所を原則、輸出しないとする「脱炭素」をアピールした。

・★9月8日

観光庁は観光需要喚起策「Go To トラベル」のうち、お土産や旅行先の飲食店などで使える「地域共通クーポン」事業を10月1日に始めると発表。旅行代金の15%分を発行する。先行導入した35%分の代金割引と合わせ、旅行費用の半額を補助する同キャンペーン支援策が出そろう形。
 農林水産省も8日、飲食店への支援策Go To イートキャンペーンのうち、プレミアム付き食事券の発行について、同日から飲食店の登録を開始すると発表。地域によっては早ければ9月中旬から食事券の販売が始まる見通し。
「プレミアム付食事券」は、各地域の登録飲食店で代金の代わりに利用することができる食事券。
購入金額の25%が上乗せされる仕組みで、10,000円分の商品券を購入すると12,500円分の食事券として使用することが可能に。

9月9日

安倍晋三首相(65)の後継を決める自民党総裁選(14日、投開票)が8日、告示され、石破茂(いしば しげる)元幹事長(63)、菅義偉(すが よしひで)官房長官(71)、岸田文雄(きしだ ふみお)政調会長(63)の3氏が立候補した。党内最大派閥の細田派など5派閥の支持を受ける菅氏が有利に戦いを進め、岸田、石破の両氏が追う展開となりそう。

・★9月9日

コロナ危機が本格化した4~6月期の国内総生産(GDP)の2次速報は、物価の影響を除いた実質(季節調整値)で前期(1~3月)比7.9%減、年率換算では28.1%減との発表マイナス成長は3四半期連続。先月公表の1次速報(年率27.8%減)から下方修正され、記録的な落ち込み幅がさらに広がった。内閣府が8日公表。
4~6月期は、緊急事態宣言が出た影響で経済活動が急速に縮小。成長率のマイナス幅は1次速報と同様、リーマン・ショック直後の2009年1~3月期の年率17.8%減を大きく上回り、事実上、戦後最悪の落ち込みとなった。

9月12日

トランプ米大統領は11日、イスラエルとバーレーンが国交正常化に合意したと発表イスラエルは8月13日にアラブ首長国連邦(UAE)と国交正常化に合意したばかり。11月の米大統領選を前に外交成果を急ぐトランプ政権の仲介で、「対イラン」では一致するイスラエルとアラブ諸国の関係改善が進んでいる。

9月13日

現地12日の「全米オープン」大会(アメリカ・ニューヨーク)女子シングルス決勝で、大坂なおみ選手が、2年ぶり2度目の優勝を飾った。
大坂選手は大会中、人種差別反対の意思を示す黒いマスクを着けて、試合が行われるコートに向かったことも話題に。

9月14日

自民党の総裁選が行われ、菅義偉(すが よしひで)官房長官(71)が新総裁に選ばれました。総裁選挙は、国会議員票と都道府県票合わせて535票をめぐって争われた。
結果は、菅官房長官が377票、岸田文雄(きしだ ふみお)政務調査会長が89票、石破茂(いしば しげる)元幹事長が68票を獲得。菅氏が7割を超える票を得た。16日に国会で行われる首班指名選挙を経て、総理大臣に就任する見通しに。

9月16日

菅義偉(すが よしひで)新内閣が16日に発足。菅新首相は官房長官として支えた安倍晋三内閣の政策を踏襲する方針を表明、財務相や外相など主要閣僚を再任した。
菅新首相は官房長官時代に取り組んだ縦割り行政の改革を進め、各省庁から人材を集めてデジタル庁を設置することなど独自の政策に取り組むことも訴えている。携帯電話料金の値下げや地方経済の活性化などにも注力する考え。
 デジタル庁は来年の通常国会でIT基本法の改正案など複数の関連法案を提出し成立させたい考えで、最短で2022年4月の発足を目指しているとのこと。

中2の2学期からは受験を意識した勉強に

「勉強の秋」と言われるように、2学期は1年の中で最も勉強に専念したい時期です。

2学期は1学期や3学期より期間が長く、各教科の重要単元を履修するように予定が組まれているからです。

ただ、体育祭や文化祭などの行事があり、なかなか勉強に集中できない場合もあるようです。

今年は学校行事の中止が多く、少し寂しいかもしれませんが、勉強の面では1学期の分も取り戻すチャンスでかもしれません。

2学期に習う重要単元 = その学年で最も難しく、入試によくねらわれる単元

特に中学2年生にとっては、関数や証明、不定詞や接続詞など、1年生に比べ内容がかなり難しくなります。

これまで暗記力に頼り、範囲の内容を丸暗記して定期テストを乗り越えてきた人にとっては、いよいよ丸暗記では手に負えない問題が増えてきます。

そのため、中2の2学期からは勉強方法を変える必要があるのです。

丸暗記からの脱却 = 「なぜそうなるの?」と常に考え、理由や根拠を理解して、問題を解く

これは、1日や2日で身につくものではありません。

答え合わせをして間違えた問題があれば、「どうして間違えたのか?」「どこでミスをしたのか?」を常に考えて分析する。

そして、何がわかっていれば正解できたのか、自分がつまずいた箇所を把握し、同じ間違いをしないよう、理由や根拠を理解する。

これを積み重ねるしかありません。

正解していても同じです。マグレで正解したものは、次も正解するとは限りません。

この答えを選んだ理由は正しかったのか?

この答えを導いた途中式は合っていたのか?

明倫ゼミナールでは、普段の授業はもちろん、宿題のやり直しでも、常にノートに自分で気づいたことを書き込み、分析する訓練をします。

成績が上がるノートとは、常に頭を使って考え、地道な努力を積み重ねてやっと完成するのです。

今週末は中学2年生を対象に、「特別学習指導」をオンラインにておこないます。

内容が難しくなる2学期だからこそ、正しい勉強方法を理解し、真の実力を身につけてほしいと思います。2年生のうちに正しい勉強法を身につけられれば、3年生になって苦労しないからです。

IMG_5765.JPG

IMG_5766.JPG

さて、皆さんの勉強方法はいかがですか?

ただ、覚えるだけのテスト勉強になっていませんか?

詳しい内容が気になる方は、明倫ゼミナールの体験授業、ノート指導を受けてみてくださいね!

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ