明倫ブログ

2016年8月アーカイブ

毎日、暑い日が続いていますね。

夏期講習が始まったと思ったら、あっという間に8月に入り、夏季合宿に突入しました。

ご報告が遅くなりましたが、今年の明倫ゼミナール夏季合宿が全行程無事に終了いたしました。

合宿にご参加いただいた塾生並びに保護者様には多大なるご協力をいただき、心より御礼申し上げます。

2泊3日(受験科6年生のみ3泊4日)の宿泊準備、名古屋特訓・理社特訓では毎日の送迎など、本当にありがとうございました。

各学年、以下の内容をテーマとし、全社員が一致団結し、合宿運営にあたらせていただきました。

中学生テーマ: 『Over the Limit!』

 中3生・・・真の受験生になるために、自分の限界に挑戦する!

     人に頼らず、自分で考えて判断し、1人で行動する自立心を養う!

 中2生・・・中3生の頑張りを身近に感じ、1年後を体感する!

     2学期から学習内容が難化するので、その前に正しい学習方法を身につける!

IMG_1001.JPGIMG_1017.JPG

小学生テーマ: 『勉・楽(べんがく)』

 6年生・・・自分と同じ目標を持つライバルたちとの競い合い!

     自分で考え行動する自己管理能力を身につけ、自ら判断する能力を育成する!

 5・4年生・・・仲間と一緒に勉強、競争、共同生活をおこなうことによって、受験勉強の意欲を高める!

     1学期に学習した内容の理解を深め、応用力をつける授業をおこない、真の実力を養う!

IMG_1104.JPGIMG_1103.JPG

中3生、6年生へは、真の受験生になってもらうため、友達とつるんで行動することを厳しく禁止しました。些細なことでもすぐに人に聞いたり、誰かに助けてもらっていた人は、自分で考えて自分で行動する大切さを実感してもらいました。

受験当日は1人で戦わなければなりません。私たち教師も、保護者の方も、本人に代わって受験することはできません。

だからこそ、人に甘えず、自分で信念を持って行動できる人になってもらいたいのです。

これまで経験したことがないほど長時間、机に向かい勉強に取り組むという経験は、いずれ自分の自信に変わります。

半年後、「あれだけ頑張ったんだから大丈夫!」と自信を持って入試当日を迎えられるよう、引き続き頑張っていきましょう!

最後に、志賀高原合宿に参加した生徒が、保護者に宛てて書いたハガキの内容を紹介させていただきます。

「今回、この合宿に参加させてくれてありがとうございました。
3年のテストで1回1回が本当に大切なのに、期末で気が緩み点数を落とした自分がバカだったなと思います。その時の自分は夜中まで勉強すると言っていましたが、眠たくなると明日の朝やればいい、とか何らかの理由を自分につけて寝てしまい、結局何も変わらないままでした。
今回、この合宿でそういった自分を変えたいと思い、眠たくても自分が決めたところまでは必ずやる!と思いやった結果、テストの点数も上がり、自分でもこわいほどスラスラ問題を解いていて、達成感を味わいました。
この合宿を無駄にしないように、残りの期間を大切に使い、笑って卒業できるよう頑張ります。これからも迷惑をかけますが、よろしくお願いします。」

明倫の夏季合宿は厳しいらしい!と思われている方もいますが、私たちは生徒の「変わりたい!」「自分を変えたい!」という思いを実現させるために、全力で応援しているだけです。時に厳しいことも言いますが、すべては半年後の入試のため。

受験生の皆さん、入試まで一緒に駆け抜けていきましょう!