明倫ブログ

2017年9月アーカイブ

明倫版 中3生の受験勉強法

夏期講習が終わり、いよいよ2学期が始まります。

高校受験を控えた中3生は、本格的に受験勉強を進める必要がありますよね。

もちろん、定期テスト対策も忘れてはいけません。通知表を1つでも上げるために、2学期中間テスト(2期制なら前期期末テスト)の勉強も重要です。

明倫ゼミナールでは、8月31日に中3生対象に特別学習指導をおこないました。

内容としましては、

受験勉強の進め方

時間の使い方

各教科の勉強の仕方   などをレクチャーしました。

実際に、昨年の入試問題にもチャレンジし、時間配分ややり直しの仕方も確認しています。

IMG_2171.JPGIMG_2167.JPG

このように、明倫では毎年、夏休みの最終日を利用して、今後の学習の仕方を確認するようにしています。

明倫版 受験勉強法とは...

◆ 内申対策(定期テスト対策)

 ① 通常授業(19:30~21:40)は定期テスト対策が中心。

 ② 中3入試特訓(土または日曜日)では、テスト前は入試問題を利用した定期テスト対策を実施。

◆ 受験対策(当日点対策)

 ① 中3入試特訓では、愛知県の過去問題を本番さながらに解き、自分の弱点を徹底的に補強

 ② 全国の入試問題集にチャレンジし、さまざまな出題パターンに慣れる。

  47都道府県の入試問題を解き終わる頃には、とてつもない実力と応用力が身につきます。

通常授業+入試特訓+全国の入試問題集という最強の組み合わせで、学校のテスト対策と受験対策を並行して進めていきます。

これを実践するには、時間の使い方も非常に重要になってきます。

夕方早い時間帯は、受験勉強。7時半以降は、学校の勉強。

これまで部活動の時間だった夕方の過ごし方がポイントです。

この時間帯にダラダラとテレビを見たり、ゲームをしたり、昼寝をしてしまっては、ライバルとの差は広がるばかりです。

明倫では、この時間帯を有効に活用できるよう、全国入試問題集を使い、47都道府県制覇を目指してライバルたちと競い合うのです。

この苦しく長い戦いを乗り越えた人は、志望校合格という素晴らしいゴールが待っているはず。皆でがんばっていきましょう!

IMG_2170.JPG