明倫ブログ

2学期中間テスト対策【9月の時事問題】

10月に2学期中間テストがおこなわれる学校の皆さん、テスト勉強は進められていますか?

今日は9月の時事問題を掲載させていただきます。

時事問題がテストに出る学校の皆さんは、何が出題されるかな?と予測しながら、確認しておいてくださいね!

【2021年9月の時事問題】

(新型コロナウイルス関連には★がついています)

8月31日

アメリカのバイデン大統領アフガニスタン戦争の終結を宣言。アフガニスタン戦争は2001年に始まり、20年続いた「アメリカ史上最も長い戦争」。アメリカ軍は8月31日までにアフガニスタンから完全撤退した。

9月1日

「デジタル庁」が発足。デジタル庁は、デジタル社会形成の司令塔として、未来志向のDX(デジタル・トランスフォーメーション)を推進し、「デジタル時代の官民のインフラを今後5年で一気呵成に作り上げる」を目標とする。

9月1日

国内の新型コロナウイルス感染者が累計で150万人を超えた。今年4月上旬に50万人を超えた感染者数は8月上旬に100万人を超え、9月1日には150万人超と急激に増加。

9月1日

2024年度から使用される新1万円札の印刷が開始。新1万円札の肖像画は、「近代日本経済の父」と呼ばれる渋沢栄一です。

9月3日

菅義偉首相は3日正午前の自民党役員会で、今月に予定されている党総裁選に立候補しないことを表明。首相も退任することになった。

9月7日

アフガニスタンで政権を掌握したタリバンが新内閣を発表。首相代行や国防相代行などの主要ポストにはタリバン幹部が就任。国連の安全保障理事会で制裁対象に指定されている人物も含まれる。

9月8日

世界保健機関(WHO)テドロス事務局長が新型コロナウイルスのワクチン接種について、3回目の年内実施は見合わせるように要求。発展途上国など1回目のワクチンがまだ行きわたっていない国へもワクチンが配分されるようにするため。

9月9日

12日までとなっていた新型コロナウイルスの緊急事態宣言が9月30日まで延長。延長となったのは12日まで対象となっていた21都道府県のうち宮城県と岡山県を除く19都道府県。宮城県と岡山県は「まん延防止等重点措置」の対象地域となる。

9月12日

イギリス政府がワクチンパスポート(接種証明書)の提示義務化を断念。大規模イベントなどで9月末から導入予定だったが、接種率が高いことから必要なしと判断したため。ワクチンパスポートはドイツやフランスなどではすでに導入済み。

9月13日

日本国民の半数以上が新型コロナワクチンの2回目の接種を終えたと政府が発表。1回は接種した人の割合は63.0%。政府は11月の早い時期までに希望者全員の2回目の接種が終わることを目標としている。

9月15日

北朝鮮が発射した弾道ミサイルが日本海に落下。弾道ミサイルの発射は、国連安全保障理事会の決議違反。北朝鮮は11日と12日にも長距離巡航ミサイルの発射実験を行っていた。

9月17日

4人の候補者による自民党総裁選挙が始まる。立候補したのは、河野行革担当大臣、岸田前政調会長、高市前総務大臣、野田幹事長代行。投開票は9月29日に行われる。

9月19日

神奈川大学がハイブリッドロケットの打ち上げに成功し、高度で国内記録を更新。ハイブリッドロケットは従来型とは燃料と酸化剤が別で、爆発の危険性が少なく安全だとされている。

9月21日

政府が菅義偉首相の後任首相を選出するために臨時国会を10月4日に召集すると決定。自民党の総裁選が9月29日に実施され、新総裁が臨時国会で首相に任命される見通し。

9月22日

アメリカが日本産食品に対して行っていた輸入規制を全面撤廃。規制は2011年の東京電力福島第1原発事故後に行ってきたもので、福島県産のコメなどに対する規制が撤廃。日本産食品に対する輸入停止措置は中国や韓国などでは残っている。

9月24日

日本、アメリカ、オーストラリア、インドによるクアッド首脳会談が米国で行われた。会談では新型コロナウイルスや気候変動への対応について協議。クアッドは対中国への連携を図る4か国の枠組み。

9月29日

事実上、次の総理大臣を決める自民党総裁選がおこなわれ、決選投票の結果、岸田文雄前政調会長が新総裁に選出された。

2021年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリ