明倫ブログ

愛知県の公立高校入試がマークシートに!

昨日、愛知県教育委員会より、現在の中学2年生が受験する2023年度公立高校入試の概要が発表されました。

新聞でご覧になられた方も多いと思いますが、入試制度の大きな変更点は以下の4点です。

① 一般選抜の学力検査がこれまでの2回から1回に変更

  ⇒ 2校に出願できるのはこれまで通りで、学力検査が1回に!

② 推薦選抜の実施時期が2月上旬に早まる

  ⇒ 推薦書・調査書と面接が中心で、学力検査を実施しない形に!

③ 一般選抜の面接を実施するかどうかは各高校が決定

  ⇒ 高校ごとの面接の有無は令和4年4月頃に公表予定

④ 自己推薦形式の「特色選抜」を新たに導入

  ⇒ 一部の高校・学科で実施され、詳細は令和4年4月頃に公表予定

詳しい内容や入試スケジュールは、愛知県教育委員会HPに掲載されております。

愛知県教育委員会HP.jpg

タイトルにも記載しましたが、一般選抜の解答用紙が記述式からマークシートに変更されるとのこと。

2回の学力検査が1回に減ることで、負担は軽減されるかもしれませんが、

◆ 1回の学力検査で出願した2校の合否が決まるので、これまで以上に体調管理が鍵となる

◆ 入試日程が2月に前倒しになるので、今まで以上に早めに受験勉強をスタートさせるべき

◆ マークシート形式の問題に慣れておく必要がある

といった準備が必要となります。

合否判定のための校内順位の決定方式についても、愛知県教育委員会HPに記載されています。

以下のように、これまでの3パターンから5パターンに増えるそうです。

合否判定.jpg  

現在の中2生の皆さんは、新制度で入試を迎える1期生となります。

いろいろ不安もあるかと思いますが、条件は皆同じです。

受験生になってからではなく、今のうちからしっかり学力を身につけることが重要ですね。

明倫ゼミナールでは、高校入試説明会や進路面談などを定期的におこない、入試情報提供にも力を入れています

ご興味を持たれた方は、12/5の冬期説明会にご参加いただければ幸いです。

2022年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリ