私立中学受験科ブログ

2019年入試合格者インタビュー① 南女合格!不思議な気持ち

こんにちは。

明倫ゼミナール私立中学受験科です。

2019年入試も終盤となり、進学先決定の時期になりました。

今回は、見事南山中学女子部に合格した明倫生のインタビュー記事です。

これから受験をする方は、どうぞ参考にしてください!

合格は、どのように知ったのですか?

 通知の受け取りができなかったので、お母さんに郵便局に取りに行ってもらいました。

 持ち帰った封筒を見て、姉が、「この厚さは合格なんじゃない?」と言ってくれました。

 開けたら本当に『合格』でした!

通知を待つ間の気持ちはいかがでしたか?

 「早く見たい」という気持ちはあったのですが、妙に落ち着いていたというか、

 今まで味わったことのない不思議な気持ちで待っていました。

 だからなのか、合格通知を見て、すごくうれしい自分と、冷静にしている自分の両方がいました。

自信があったのかな?

 う~ん、自信があったとまで言えるかわかりませんが、自分に合う出題はありました。

 その問題については手応えがありました。


今は、喜びを噛みしめている毎日ですか?

 受験の時期に遊べなかった友達と思いっ切り遊んでいるって感じです。

 受験前は、すごく気をつかってくれて、「風邪をうつすといけないから」って、

 マスクを二重にして私と話してくれた友達なんです。

 もちろん私もマスクをしているのですが。

試験中は緊張せず、力を発揮できましたか?

 緊張しないように、あまり他の受験生は見ないようにしていました。

 試験の手伝いの南女生を見ていたかな。

 塾外の模試も受けに行っていたので、周りが知らない人ばかりという環境にも慣れていたのかもしれません。


明倫に入塾する前は、通信添削で受験勉強していたんですよね?
明倫に入塾していかがでしたか?

 楽しい雰囲気だったので「勉強したくないなあ」という気分の日でも、塾へは足が向きました。

 授業は一斉指導でしたが、算数や社会で、私が足りない部分の課題を出してくれたのが良かったです。


その課題は、6年生の2学期ですね?

通常授業の復習宿題と過去問演習もあったから、たいへんだったでしょう?

 塾のない日は、3~4時間、塾のある日は授業時間と併せて4時間くらいの勉強時間を取りました。

 だらだらと勉強をするのが嫌いなので、勉強時間内は一生懸命やりました。


後輩にアドバイスをしていただけますか?

 勉強をやりたくない時もあると思います。

 そんな時は、好きな教科だけでも良いから、勉強をすべきです。

 全くやらない日をつくらず、勉強を続けることが大切だと思います!

    higashiura.JPG 

ありがとうございました!

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30