私立中学受験科ブログ

2019年入試合格者インタビュー⑥ 東海合格!勉強の記録

こんにちは。

明倫ゼミナール私立中学受験科です。

今回答えてくれた塾生は、過去問を41年分(もちろん複数校分)こなした強者です。


合格を知った時の気持ちを教えてください。

 「合格」と知って、ホッとしました。

 お母さんが、合格通知画面をプリントアウトして、

 机の上に、うっかり置き忘れてしまったので、

 「あれ?何かある?」って感じで見て知ったんですけど。


中学校に入学したら、どんなことをしたいですか?

 鉄道が好きなので、交通研究同好会に入りたいと思います。

 学祭のNゲージの展示も興味を持ちました。

どんなことに取り組んだことが合格につながったと思いますか?

 勉強は、塾のスケジュールに沿ってやっていましたが、

 生活に合せて1日のスケジュールは、母が作ってくれました。

 スケジュールがホワイトボードに書き出されているのです。

 5年生の復習は、母と一緒に、または、競争しながらやりました。

   fujita.JPG
本格的に受験勉強を始めたのは6年生になってからでしたね。

つらかったですか?

 自分よりも早くスタートしている塾の友達が励みになりました。

 早く追いつこう、追い抜こうとがんばりました。

 講習で、他教室の生徒と競うことも励みになりました。


短期間でたくさん勉強しましたね。

どのくらいの勉強量か表現できますか?

 受験勉強で使ったノートを積んだら、自分の身長を超えていました。

 過去問は、いくつかの学校を数年分やりましたが、問題の総重量は1.8㎏ありました。

 あと、国語の出題文を100字以内で要約するという課題も出してもらいました。



一年間で、本当にたくさん勉強しました。

冬期講習の時には、すっかり受験生の顔・態度になっていました。

時々、文字を「ていねいに書こうね」って注意しなければいけませんでしたが。

今後も、その集中力でがんばってください。

ありがとうございました。

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30