私立中学受験科ブログ

こどもの割合12.1%

こんにちは。

明倫ゼミナール私立中学受験科です。

P_20190505_094954_001.jpg

こどもの日にちなんで、15歳未満人口が総務省から発表されました。

2019年4月1日時点で1533万人(昨年比-18万人)と、38年連続減少で過去最少だそうです。

ちなみに、男女別の15歳未満人口では、男子が785万人、女子が748万人で、

女子100人に対して、男子105人の割合となります。

1533万人という人数は、総人口1億2623万人に対して、12.1%しかいません。

同じく少子高齢化に悩むお隣の韓国は12.9%(2018年7月)、中国は16.9%(2018年12月)です。

合計特殊出生率の回復に成功したとされるフランスは17.9%(2019年1月)です。

日本国内で15歳未満人口の多い都道府県は、

東京都155万人、神奈川県111万1千人、大阪府105万6千人、愛知県100万人と、

四都府県のみ、100万人を超えています。

一番少ないのは、総人口も少ない鳥取県の7万1千人です。

高度経済成長期に入る1955年では、総人口8928万人に対して、

15歳未満の人口は2980万人で、33.4%を占めています。

その頃の高齢者(65歳以上)人口の割合は、5.3%です。

現在は、28%を超えました。


現在の中学生にあたる12~14歳人口は、総人口の2.6%で、

小学校高学年、低学年ともに、2.5%と若干下がります。

さらに3~5歳となると2.3%に下がります。


受験生の皆さんは、こどもの日にちなんで、

日本がかかえる人口問題を考えてみましょう。

6年生は、社会科「第12回 日本の財政と社会保障」で学習します。



2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31