私立中学受験科ブログ

椙山女学園中学校の学校説明会に行きました。

こんにちは。

明倫ゼミナール私立中学受験科です。


椙山女学園中学校の学校説明会に行きましたので、

特に入試に関する部分を紹介させていただきます。

sugiyama.jpg

【身に着けておいてほしいこと】

日々の学習内容を日常生活や時事問題と関連付けて思考する習慣。

習得した知識を活用できること。

正確に文章から情報を読み取る読解力。



【入試問題について】

 国語

 3000字程度の物語文・説明文を各1題出題しており、

 物語文では、受験生と同年代の登場人物が中心であるものを、

 説明文では、身近な内容を題材にしているものを出題することが多いです。

 漢字の読み書きや熟語の構成、係り受け(修飾語)など、

 知識を問う出題もありますが、正確な読解・要約・作文能力を重視しています。

 また、新たに、資料の読み取り問題も導入しています。


 算数

 算数が苦手であっても、計算力や定番問題が、きちんとできておれば合格できます。

 日頃の勉強では、公式の丸暗記でなく、「なぜ、そうなるのか?」という理由を考え、

 考え方をきちんと理解してください。

 文章題では、条件を正確に理解する読解力も求められます。

 文章をよく読み、条件を整理する練習をしておきましょう。

 社会

 少し変わった聞き方の問題だと、対応できない受験生が多いようですから、

 重要語句は、ただ覚えるのでなく、自分の言葉で説明できるくらいまで理解してください。

 提示された資料から正確に情報を読み取り、問題に則してまとめられるかを問います。

 現代社会の様々な問題に、学んだ知識を当てはめて考える習慣がついていると、

 記述問題に対応しやすいと思います。

 理科

 「なぜ、時間によって空の色は変わるのか?」など、

 何気なく見過ごしている現象に疑問を持ってほしいと思います。

 物理・化学・生物・地学の4分野から、幅広く、また、まんべんなく出題します。

 与えられた条件・データから論理的に文章を組み立てられるかを見たいと思っています。




今春から、募集定員は40名減って、120名(内部進学者を含まず)になっています。

これは、椙山女学園大学附属小学校のクラスが2クラスから3クラスに増えたことによります。

合格者数は、昨年と比べると21名減っています。

来春も募集定員は、120名ですから、椙山女学園中学校の受験を考えている受験生は、

しっかり準備しておきましょう。


椙山女学園中学校オープンスクール

6月8日(土) 9:30~12:00

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31