私立中学受験科ブログ

答えのないことを考えるために、まず答えのあることを学んで。

こんにちは。

明倫ゼミナール私立中学受験科です。
nishiyamatomiyakita.jpg
奈良県の進学校西大和学園から宮北先生が

入試案内にいらっしゃいました。

昨年との変更はなさそうですね。

夏期講習を受けていた5、6年生のモチベーションアップのために

お話もしていただきました。


中学受験の勉強は、

たくさんのことを習わなければならないけれど、

答えのあることを学んでいるのだから、

そういう点で言えば難しいことをやっているわけではないよ。

今は答えのあることをしっかり勉強して、

中学校・高校で、

答えがないものを考える楽しさを知ってほしい。


5年生は、早く「この学校に行きたい!」という気持ちを持ってほしい。

勉強している目的のある子とない子では、

学び方自体に差が出ると思うから。

西大和学園も一度ぜひ見に来て!

「おもしろそうだ!」ときっと思ってもらえるから。


みんな熱心に聴いていました!


京都大学合格を目指す高校生にも、

入試問題に対応するためには、

解法を身につけた後、

身につけた解法を用いながらも

自分で考えて解く練習をしないといけないなどの

アドバイスを問題集名を出しながら、

具体的にしてもらいました。

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31