私立中学受験科ブログ

TICAD閉幕

こんにちは。

明倫ゼミナール私立中学受験科です。

6月に大阪でG20がありましたが、

8月28日から30日にかけて、

横浜で「TICAD(ティカッド)」という国際会議が開かれました。

TICADというのは、

Tokyo International Conference on African Developmentの略で、

「アフリカ開発会議」と訳されます。

1993年に第1回が東京で開催され、

今回で7回目になります。


東西冷戦終結後、

アフリカへの関心が薄れ、支援が減りました。

それに対して、アフリカの支援の必要性を訴えるため、

日本が主導して開催しました。


近年のアフリカは経済発展がめざましく、

ⅠMF(国際通貨基金)によると、

国内の経済成長率が6%を超える世界27か国に、

アフリカから11か国が入ったそうです。

ちなみに日本の成長率は1%にも満たない状況です。

経済発展とともに人口も増えていますから、

日本企業の進出すべきなのですが、

日本から遠いだけでなく、治安の悪い国や地域があるため、

なかなか進出が進まないようです。

中国は、

アフリカ最大の貿易相手国であり、

最大の支援国でもあります。

貿易額は、日本の7倍以上の22兆円以上、

アフリカへの支援額は日本の倍の6兆円以上、

アフリカに暮らす中国人は日本人の100倍以上の100万人以上と、

たいへん大きな影響力を持っています。

「中国アフリカ協力フォーラム」という

TICADと同じような会議も開催しています。

日本政府には、

アフリカ諸国が中国に傾き過ぎないようにしたい

という考えがあります。

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30