私立中学受験科ブログ

2019年入試合格者インタビュー② 南女合格!協力に感謝

こんにちは。

明倫ゼミナール私立中学受験科です。


南山中学校女子部に合格した明倫生にインタビューしました。

tokitani.JPG
合格する自信はありましたか?

 はい!過去問よりもよくできたので。

 「やっぱり受かってた!」という気持ちと「何で受かったのかな?」という気持ちがありました。

 自分が南女に受かったことが信じられない部分があったのかも。


入試の時は、緊張しませんでしたか?

 あんまり緊張しなかったです。

 試験前に、教室で、こっそりともらったチョコレートを食べていました


応援に行っていた明倫の先生からもらったチョコ?

 そうです(笑)

 せっかくもらったし、何か食べなければ気が済まなくて。

試験監督の先生に注意されなかった?

 まだ、試験は始まっていなかったし、集合時間にもなってなかったから。

 それに、サッと食べたので。


チョコが溶けて、問題が解けるって気持ちになりました?

 そうは思わなかったけれど、おいしかったですよ。

度胸があるね。

合宿のような行事も好きでしたか?

 好きでした!

 下剋上テスト(クラス替えテスト)のようなハラハラする体験が好きなんです。

6年生になって、体調を崩すことがあったけれど、そんな時は、不安にならなかったですか?

 受験をやれるのか不安になったこともありました。

 でも、「私はできるから大丈夫!」って自分を励ましていました。

 お母さんも「あなたならできるから!」って何度も言ってくれました。


お母さんが、ずっと協力してくれていましたね。

 私が面倒くさがりだから、

 勉強をしやすいように、ノートに解答欄を作ってくれたり、

 教材に書き込めるように、コピーを取ってくれたり。

受験が終わって、お母さんにお礼は言いましたか?

 顔を見て言うのは、恥ずかしくて言ってないです。

ここで言っておきますか?

 はい。

 3年間、協力してくれてありがとう!

これからは、どうしたいですか?

 入試までに解き切れなかった問題があるので、それをやっています。

 来週は、明倫の中学準備授業も受けます。

 将来は、お医者さんのような人を助ける仕事をしたいと思います。


後輩にアドバイスをお願いできますか?

 私は、4年生の頃、宿題に追われて一番たいへんでした。

 でも、5年生6年生の時は、できるようになって行きました。

 宿題の提出日に、やり直しが間に合わないこともありましたけど。

 「できるかも」と思って、がんばることが大事だと思います!


ありがとうございました。

 

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28